In-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In★英語★

Referenceという名のウラとり。

欧米では、履歴書などにもよく、Referenceと言うのがある。
いわゆるこの人の評価はどうですか、と前職の上司や
学校の先生などに聞くやつだ。

履歴書欄には連絡してもいいですよ、という人の
連絡先を書く。

よく考えたら私、日本の会社には一度しかまだ
勤めたことがないのですが、日本の会社って
どうやってその人のウラをとるんだろう?
前職からのレターとか特に見ないよね…?不思議。

で、リファレンスというのは、
ほかの人のその人に対するコメントを見てその本人の
人物像を推し量ると言う点ではMixiの紹介文のようなもの。
やっぱりいいことかいてくれるとうれしいよね。

通常CV(履歴書)とかではまだ在学中や卒業間近の人の場合は学校関連の人、
もしくは前職の推薦状(Recommendation Letter)を使用。

今回私はとあるボランティアに応募したのですが、
2人のリファレンスを提出してくださいとのこと。

ボランティア内容は、精神病を患うホームレスの人々のレジデンスで
話し相手になる、Befriender(ビフレンダー)と言うもの。
一緒にお話したり、お茶したり、フィットネス行ったり、
博物館に行ったりするのだ。(あたかも友達のように?)

うーん、それにしても、2人にリファレンスかぁ〜
そんなめんどっちいこと頼めるのって誰?



まずその一、無難に私のフラットメイトのアニタ。
とりあえずいつも登場してもらってます。

でもプロフェッショナルな観点からもコメント必要だと思うので
やっぱり勤め先のホテルのHuman Resourceマネージャーにももらっとくか…。

やはり続柄がフラットメイトよりもロンドンのメジャーなホテルの
ヒューマンリソース(総務)マネージャーからもらう
レターの方が信用が高いもんだな〜と言うのを実感。

私が今日、オリエンテーションのためにそのボランティアに行ったのだけど、
スーパーバイザーのジョアンは、

『あなたのホテルからのリファレンスはとってもImpressive(好印象)だったわよ!』
とうれしそう。

このリファレンスシートは私が記入した人たちにそれぞれ郵送され、
またこのチャリティ団体に返送してもらうことになっている。
(切手代は返信者自腹ってさぁ。。。
申し訳ないじゃないの〜。切手代くらいは支払済み封筒印刷して欲しい…)

アニタが書き終わった時に見せてくれたので、
内容は大体はわかっているけど、HRマネージャーのアンドリューは
なんと書いたのか気になる♪

『え〜、なんて書いたの、見てもいい?』
ちょっと照れくさいながらも、見せてもらいました。

私本人に会ったことがない方々もロタがどんな感じの人か?
この紹介文で想像してもらえるかもしれません。
(もちろんこういう仕事のオファーのリファレンスで
はっきり悪いことは書かないし。。。
んだもんで、いいことばっかり書いてあるけど、
本人はこれを半分に割ったくらいが丁度いい???)

全文を訳すのは面倒くさいので
英語の勉強にでもどうぞ↓

■この仕事について:この仕事は中〜上級の精神病を患う人々をサポートする仕事で、外またはレジデント内の範囲での仕事になります。
この仕事はビフレンダーとして、またほかのグループの活動の補助や外の
プロジェクトへの参加も含まれます。


<アンドリューからの回答>
◎How long have you know this person?
(この人を知ってどれくらいですか?)6 months
◎In what capacity? (続柄) Employer
◎Please describe her personality (彼女の性格を教えてください)

Rota is an extremely hardworking conscientious individual. She has been highlighted for Development and has completed a group training skills course. Rota is very affable & kind.

ハードワーキングって、まぁほかのポーランド人とかに比べたらね…。
そーでもないっすよ。。。
あ、親切だって、ポ。


※英単語:conscientious→誠実な、勤勉な
affable→とっつきやすい、話しやすい

◎Please comment on her honesty and reliability 
(彼女の誠実さと信頼性について教えてください)

Absolutely no question regarding this. Has not been late or sick ever & has never given any cause to question her honesty.


あはは、遅刻・病気なしって…確かに病欠の多いイギリスじゃ貴重なのかも…!?


◎Any other information that you feel is relevant? 
(その他に適切だと思われる情報はありますか?)

Rota is a credit to the hotel and I would have no hesitation in recommendation her for this type of work.


よっしゃー!

次!

<アニタからの回答>

◎How long have you know this person?
(この人を知ってどれくらいですか?)7 months
◎In what capacity? (続柄) Flatmate
◎Please describe her personality (彼女の性格を教えてください)

Rota is a cheerful and friendly person who has a positive attitude in everything she does.


はい、とってもフレンドリーなの、私。。。自他共に認めるフレンドリーさ。


◎Please comment on her honesty and reliability 
(彼女の誠実さと信頼性について教えてください)

She is an honest person whom can be trusted & relied on.
She is also a caring girl.

ぜひ私を信用してください。

◎Any other information that you feel is relevant? (その他に適切だと思われる情報はありますか?)
Rota enjoys meeting people and interacting with people from all walks of life. She also likes to share her experiences with people and is patient.


そうなのよ!いろんな人に会うのが大好き♪
ボランティアをするのは初めてなのです。
ドキドキ…頑張るぞ。


いやー、なんかやっぱり自分のことを書いてもらえると
うれしいもんですな。

リファレンス書いてくれたお二人さん、ありがとうー♪

英文履歴書の書き方もマスターしよう。


ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In-

スポンサーサイト



ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Comments

ロタ
2006/08/26 23:30
■プリシラさん、こんにちは。
へぇー、日本でもそういう評判をチェックすることが
あったんですね。すごい!
商店だと、やはり町のうわさとかいろんな情報が
入ってきそうですね。

■たまりんどさん、こんにちは。
なかなか好印象なレファレンスがもらえて
うれしかったです。
これからボランティアの詳細もレポートしますんで
お待ちくださいね。

■Sさん、こんにちは。
確かに日本では欧米ほどまだボランティアが
浸透していないような感じがしますよね。
リファレンスが必要かどうか…は
ボランティア内容によるのではないでしょうか…。

■台湾のYへ。
そうなのよ…。Cafeと名はつくものの、
全然カフェに行ってません!
レストランもね…。最近はめっきり
お茶するよりもパブ行ってビールばっか飲んでるよ。。。

■Tommyさん、こんにちは。
日本の職場の方には頼みづらいですよね。
初めてのボランティア体験なので、
緊張!ですが頑張ります!
ロタ
2006/08/26 22:18
■photonatpenangさん、こんにちは。
えええ、探偵さんが身上調査ですか!
さすが重要人物!なのですね…。

■αちゃん、こんにちは。
エエー、引越しにもレファレンスいるんだ!?
本当に面倒くさいねー。
日本人の感覚だと全面的にまず信用して
とりかかるから感覚が違うのかな?

■renrenさん、こんにちは。
私も日本で勤めた後、タイに移るときに
推薦状?が必要といわれて
無理やり、こう書いてください、と指示して
お願いしましたよ…。ほんと、英語がわからない人には
困りますよね。

■mareさん、こんにちは。
ほんと、選ぶ方も選ばれる方もプレッシャーですよね。
こんなめんどくさいこと…しかも英語で。
ボランティア報告、これからもUPDATEしますねー。
Tommy
2006/08/18 17:33
私もplaygroupで働いていたのですが、レファレンス困りました〜。日本の職場からじゃ英語で返信なんて無理そうって思ってましたし。私は、取っていたチャイルドケアのコースの先生と、ボランティアをしていたplaygroupからもらいましたー。ボランティア楽しみですね。頑張って下さい★
y
2006/08/18 13:50
TWNからです。がんばってるねー!ちょっと気になったことが。。ROTAのブログのタイトルにもなってる"Cafe de London"、ロンドンのカフェ紹介が無ーい!紹介して!
s
2006/08/17 20:40
こんにちは始めてレスをさせていただけます。
欧米はボランティア先進国といわれますがいかがですか、
それでもすごいいい事ですネ、阪神大震災あと、日本もボランティア元年と言われます、リファレンスはあまりしないと思います。したほうがいいでしょか。
2006/08/17 08:02
へぇぇ、すごいな〜。これだとボランティアされる側も安心ですね。リファレンス、的確に褒めてありますね!。うむうむ、納得(笑)。しかし切手は貼っておいてよ、失礼じゃない〜と思うけどなあ(爆)。
んで、ロタさんがなぜこのボランティアを選んだかなども、都合のよい範囲で教えてもらえると参考になります。いや、私もそのうちなんかやらねば〜などと思ってるので(^^ゞ。
ボランティアのレポも、これまた都合のつく範囲でやっていただけると嬉しいな。
プリシラ
2006/08/16 21:33
あ、名前入れ忘れました。↑のコメントはプリシラでした〜。
2006/08/16 21:32
私の両親は以前商店を営んでいたのですが、近所のお子さんが就職する時にはよく企業から身辺調査の電話がかかってきていたそうです。「○○さんのお宅はある特定の宗教を信仰していますか?」「近所での評判はどうですか?」など。

電話をかけてくる企業は誰でも知っている大企業がほとんど!お店をやっていると、その地域の情報に詳しいと思うみたい。この話を聞いたときには正直びっくりしました…。
mare
2006/08/16 20:53
学校の入学申請の時に必要になった時、とても困りました。まず英語ができるって事が基本条件で、心当たりの人が二人しかいなかったので、選択の余地なし。また、頼まれた人もかなりのプレッシャーになるかと思うと、、頼めない。結局必要なかったから良かったけど。ボランティアの報告楽しみにしてます。
renren
2006/08/16 15:02
確かに日本には無いシステムですね。
私はオーストラリアで働いていた時に、上司がRecommendation Letterを辞める時くれました。
その後は日本で働いているのでそれを活用する機会はありませんが・・・
a
2006/08/16 12:57
そっちはリファレンス社会よね、つくづく。引越しする時もこういうリファレンス欲しいって言われました。で、内容が引越しだから書く中身ももちろん違ってくる・・・「この人は経済的にずっと安定しています」みたいなね。でもロタちゃんのそのボランティアには、ぴったりのリファレンス内容だったんでは?
photonatpenang
2006/08/16 10:36
頑張れ!

ちなみに、僕は転職の時に、探偵が身上調査しに来ました。

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL