In-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In★レストラン・カフェのレビュー★

ロンドンのカザキスタン料理

さかのぼるは2010年に、私とSweetieで始めた
『ワールドフードツアー』というプロジェクト。

コンセプトは要はせっかくグローバルな都市、
ロンドンに住んでいるのだからロンドンに住んでいる間に、
いろんな国のグルメを食べてみよーぜーぃ!ということで
始めました。

やり方は簡単。
まわりのお友達・またはそのお友達を誘ってみんなでAからZまで、
アルファベット順に、ロンドンにあるその国の食事を楽しむ。

これまでやったのは:

Aはアフガニスタン
Bはビルマ(ミャンマー)
Cはキューバ
Dはデンマーク
Eはエチオピア
Fはレアに行きたかったのですが、フィジーはロンドンにレストランがなく、
(フィジー大使館にまで電話して確認しました。笑)
フィンランドもデンマークの北欧料理とかぶっていたため、
ベタなフランス。
Gはジョージア。
Hはハンガリー。
Iはイラン。
Jはジャマイカ。


しかもこういう料理、普通なら行かないでしょー。
というのが多いので新しい発見があります。
(どのアルファベットも、そのアルファベットの中からなるべくレアな
料理を選びます。あとはFacebookのメンバー内の投票で決まります。)

2010年からはじめてまだKって段階で、
半年に1回くらいの頻度でやってますね、これ…
もうすこしスピードアップせねば、いつZにまで行き着くか、分かりません!

とりあえず、レストランに行く前にはその国の地理と
Cuisine(料理)をWikiで調べるくらいですが、いろんな地域により
料理の影響も見て取れます。

これまでのレアだったわーとおもうお料理は何といってもエチオピア料理。
どんな料理だか行く前は想像もつきませんでした。
意外に辛かったのと、クランペットのようなぼつぼつ穴の開いた
サワーブレッドの平たい版?クレープのようなパンを手でちぎって
食べるのがかなりオーセンティックでした。

今回はKはカザキスタン料理。ほかのKのつく国名は
ケニアか韓国だったのですが韓国は普通すぎ、
ケニアはどちらかというとケニア出身のインド人が開いている
レストランが多いので、インド料理っぽくなっているので
カザキスタンになりました。

カザキスタンの地理はこちら↓


ロンドンで見つけたカザキスタン料理は2つほど。
平日に行くには少し不便なところだったので、日曜日の
ランチとして予約して行きました。

何人か新メンバーも加わり、楽しいサンデーランチとして
異国情緒なお料理をいただきました。

まずは前菜。こちらはSweetieが頼んだハルミチーズ。
一口もらいましたが、美味しいですね!



私は野菜をとりたかったのでこちらのグリルベジタブル。
優しい味で、とてもおいしかった!



そしてこのワールドフードツアーでいろんな国の食事を食べて
気づいたのですが、

餃子ってどの国にもあるんですね〜!

イタリアでいえばラビオリ、中国や日本では餃子、
東ヨーロッパでもDumplingとして肉餃子それも巨大版!が
メインとして食べられています。私が注文したのは肉バージョン。
トマトソースとサワークリームで食べられるんですが
私はトマト味のほうが美味しいと思いました。



Sweetieが頼んだのはビーフストロガノフ。
こちらはロシアの影響でしょうか、酸っぱさが少し
ロシアンな感じでしたね。



〆はBaklava、こってり甘ーいデザートです。



というわけで、ロンドンでは本当に本場の多国籍なお料理が
楽しめるので、カザキスタン料理に興味がある方、
ぜひ行ってみてください↓

Pasha Restaurant (ウェブはこちら
158 Camberwell Road, SE5 0EE, London
Phone: 02078719963 

JUGEMテーマ:グルメ


ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In-

スポンサーサイト



ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Comments

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL