In-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In★英語★

英語を勉強する意識をしない!で英語を勉強する

偶然見つけたYouTubeの英語を教えていた先生が
かなりいいメソッドを言っていたのでシェアします。

この人のプレゼン力もさることながら、声の出し方も聞いていてすごく
耳にやさしいし、いい先生だなーということがこのビデオからもわかります。

ビデオ全体を通していいことを言っているので、ぜひともビデオを見てほしいのですが
英語を学んできた私にとっても激しくうなずいてしまったところはというと、

『英語で夢見ちゃったよ、あたしーーーーー!!(自分に感動)』

ってとき、ありましたね、私も大学時代に。

あの時の英語は今からしてみたら下手過ぎてよく覚えていないけど、
酔っぱらっているとなおさら滑舌が良くなり、
英語の発音もよくなっていた気がしたものですが、あ
の夢を英語で見ている状態って、
本当に言葉の壁を越えて、
相手が何言ってるのかがわかる状態って、
かなり感動モノですよね。

言葉の壁でわからなくて悔しいときってあると思うんですけど、
それがパァァァーッと取り外された時のうれしさもひとしおですよね、勉強しているとなおさらに。



で、この人のビデオを見てインスパイアされて、
しばらく怠けていたフランス語の勉強を久々に再開しました。

そうだよな〜と思った部分は、

『英語を勉強する意識をしないで英語を勉強するのが一番!』

これはすごくわかる気がしますね。なんかいちいち頭の中で翻訳していると、
頭も疲れるし、もう頭で訳すのはあきらめて、
感覚で覚えていくしかない気がするんですよ。

だって、なんでこれがこう変化するの!といちいち
いらいらしながら動詞変化覚えても脳みそ疲れるだけだし。

語学を勉強する過程もエンジョイしないとですよね、
苦しいときも沢山ありますが。

逆にたまに外国人の方に日本語も教えているのですが、
教える立場にいると、相手の話したいことが話せないもどかしさの気持ちもわかります。

で、私もやっているこのロゼッタストーンのフランス語版。
全くインタラクティブな、訳もなし、内容もグラマーもすべて学習している言語で
【翻訳せずに】ダイレクトに理解し、発音も学んだり、グラマーを理解したりする方法なんです。

うちのSweetieも日本語版を使ったんですが、英語しか話さない彼にとって、
詳しい解説なく言語を覚えるというのは非常に苦痛らしく、
彼にはこの方法はあわない!といって聞かないんですが、
一応5か国語話せる言語習得マニアな私としては、
これはこれでいいと思うんですよね。

なにしろ私は語学学校に行かずにタイ語を習得したので、
耳だけで覚える言語、というのを経験したことがあります。

赤ちゃんが言葉を学ぶのもそうですよね。
耳、コンテクスト、どんな場合にそれが使われるのか、
それをよく観察して、こういうときに使うのかな?と覚えておいて、
その次に使えるときに使ってみる…というのが
私がタイ語を学んだ時の技でした。

↓これはまだ私がいかに初級フランス語を学んでいるか
お判りでしょうか、まだThis is a penみたいな状態のレベルです。ハァー。
フランス語は発音も、文法も英語と全然違うし、
結構疲れます。(もちろん発音もね)

ロゼッタストーンで初級フランス語学んでます。

でも不思議なのは、このダイレクト理解法でそれぞれのレッスンで
リスニングしたり、スピーキングは結構まねる自信があるんですが
なぜかわかるんですよね、何を言ってるのか!!

自分がなんで理解できるのかよくわからないけど
条件反射のような感じで、
リスニングの答えを選択できてるんですよ、
回答正解率97%とか!!

でも、一度このデスクを離れて、
旦那にへへん。とさっき学んだフランス語のフレーズでも言って
自慢したかったのですが、すぐに忘れてるし。。。

やはりコツコツ、毎日やらないと覚えませんね、
たまにやったくらいでは…。

なのでまたフランス語熱が過熱してきましたので
もうちょっとちょくちょくフランス語レッスンして
モノにしてやりたいと思います。

がんばるぞー。




JUGEMテーマ:学問・学校


ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In-

スポンサーサイト



ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Comments

-
2014/03/27 23:48
管理者の承認待ちコメントです。

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL