In-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In★英語★

英語を『上手に』話すこと

タイトル通り、英語を『上手に』話すこと

ってどれだけ大事なことでしょうか?

   ★日本で就職する際にいい英語のスコアを履歴書に書きたい!
   ★海外旅行で地元の人と意思疎通がしたい!
   ★行きたい海外の学校に入学したい!

いろんな理由で英語を学んでいる方がいると思いますが、

『上手に』英語を話すべきか、という点での私の勝手な見解はこんな感じです。

◆ビギナー、会話に自信が無い人、
◆学ぶ目的が、旅行・語学留学・日本にいながら、英語を上達させたい人

上手な英語を話す必要は無い! 

◆仕事のため、海外とやり取りが必要な人、
◆MBAなどマスター、修士レベルの学位をとっている人、
◆もう海外に住んでいる人、グローバルレベルに活躍したい人

(非日本人環境で勤める、現地で職を探すなど)
 ⇒上手な英語を話す必要がある!!

しかも『上手』なだけではなく、パワフルに、
時には強引なくらいの英語を話せないと、
ネイティブの『普通』レベルに追いつけません。

まず前者の『上手に』話す必要が無い人、まずは英語を話す度胸が大事。 
英語を人前で話すのは…なーんてシャイになっている場合ではありません。

グラマー間違っても、過去形つけるの忘れても、いいんです。 
あなたの話そう、意志を伝えようとする態度が大事なんです。

後者の人、普通に英語が話せるだけではいけません。


きれいな、

かっこいい、

英語を話しましょう。



前者と後者の英語の学び方の動機は全く異なるので、
私は後者を目指して自分でも英語勉強してきたので、これは自信を持って言えます。

リスペクトをされるには
美しい英語を話せるようになろう。



私はビジネス向け、リアルにグローバルな人材になりたい人向けには
ぜひこう主張します。

海外で仕事がしたい。
MBAのクラスででばりばりやりたい。

こういうのを目指す人たちにこそいいたい。


英語は話せて当たり前。
普通に話せるくらいなんてかっこいくない。


美しく、
発音よく、
英語をぺらぺらしゃべれるようになってからが
スタート地点ですよ。


  

グローバルスキルはそのあとからいくらでも特訓と試練を乗り越えればどうにかなりますが、その前にグローバルに通用する人材になるには:
 
1:まずは何が何でも英語を理解し、話せるようになる。
(これは海外に出なくてもできる)
2:緊張しないで英語を話せるようになる。
(猛練習・海外でなくてもある程度できるが、
度胸試しに海外旅行で試してみるなど)
3:英語の発音をきれいにする、脱日本人アクセントを徹底
(これも海外でなくてもできる)
4:自分の意見を主張する 
⇒これはやっぱり実践でもまれないとな…
海外に出るのなら英語をここまで磨き上げてから出たほうがいいですね。


ですから、留学を考えている方、できれば日本にいる間に
留学前までに1−3までやっておいたほうが時間的にももったいなくないです。

でも話せるようになるために海外留学に行くのではないか〜!
と思う方もいらっしゃるかと思いますが、大体のことは日本にいる間にもできます。

時間とお金の投資効果を最大に見込めるようにしたい場合は、
留学前の準備にどれほど力を入れたかによって変わると思います。

ちなみに私のお勧めは
洋書の本を音読してネイティブっぽい発音スキルを強化

です。

というのも、声に出して読むことにより、自分のアクセントが
美しいかどうか、わかると思うんですよね。

  自分のリスニングのスキルアップにもなるし、なんというか、
自分の理想の英語をペラペラ話している、に近いかどうか、
自分で聞いて判断するしかないです。

なんか自分、日本人ぽい発音してんなー。

って自分でもわかったらネイティブっぽく聞こえるには
どこのイントネーションを変えたらいいか、
単語のストレス部分の強調はあっているか、
耳で確認することができるので、
自分の理想の英語をヴィジュアライズしながら
1日1ページ音読するだけでもおすすめですよ。

ちなみに私の好きな英語を話すドラマの主人公はSuitsのハーヴィー
私も彼みたいにクールな英語で相手を打ち負かしたい!
(そしてクールなブラックジョークを言うのだ、むはは。)





英語舌かぁ…巻き舌できないとね。



ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In-

スポンサーサイト



ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Comments

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL