In★起業・ビジネス・仕事★

初めて会う人にいかに自分を伝えるか

ビジネス・営業をしていると、

いかに初めて会った人に自分をわかってもらえるか


というのが大事になってくると思います。

特に自分でビジネスやっている人は、『自分』がウリそのものだから
そのミーティングの間での一挙一動が、事細かに判断の対象にされるんだよね。

もちろん、会社に面接をするときもそうだけど。

私はこの営業ピッチ(営業すること)や面接というのは結構好き。
だって、自分を思い切り表現できるところだから。

逆に自分の思うこと、自分というものがないと、
はっきり行って人前で自分がやりたいことを伝えるのは苦しい。

少しでも無理していると(覚えたことを話すだけだったり、
自分の受け売りを話したりするとき)、第三者からみると
すぐにばれてしまう。

何事も自分の言葉、自分の考えが本当に自分の中から出てきたときに
言葉も態度も誠実なものになる。

そんな気がします。

逆に会社に勤めてから、思い出した感覚は、


会社勤めはヒトの看板を背負っているので
楽チンだな。

という感覚。

語弊がないように、会社に勤めているその他大勢の一人
だからテキトーにやるではなく、
自分がゼロからカチンコチンBrandingというものを
築き上げなくても既にできている、という状態が楽。



ミーティング 打ち合わせ

イギリス人は特に初めて会ったヒトにはSkeptical(疑い深い)人が多いので、
よっぽどミーティングでうまく話を運ばない限り
次には続かないのよね。

逆に初めて会った人に自分を売り込んで、買ってもらえたときの
喜びは人一倍うれしい。

(その例が、そのミーティングが成功したおかげで、
バークレイ銀行のマネージャーたちにトレーニングをするというビジネスチャンスを
GET。やはりプレゼン能力は大事!)

プレゼンスキルを伸ばすにはやっぱり場数を踏むこと!
何度もやればほんとになれてきて、自然と脳みそも言いたいことを
覚えていてくれます。

JUGEMテーマ:ビジネス
 


ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In-

スポンサーサイト



ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Comments

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL