In-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In★カルチャーショック★

割り勘のルール

うほほーい、皆さんお久しぶりです!

NLPのトレーナーズトレーニングを修了して、
心身ともにパワーアップしたロタです。

久々のブログ更新になりますが皆さん
私が不在の間もブログにお越しいただき
ありがとうございました〜♪

Did you guys miss me?キスマークムフ。

昨日は久々に友達に誘われてMoorgate(モーゲイト)という
ところにあるキューバンなバー、The Cuban(音が出ます)に行ってきました。

サルサを踊らないバーでサルサな音楽を聴くのは
なんだか不思議な感じでしたが。。。
とりあえずモヒートをぐびぐび…うまー。

オーストラリア人の友達に誘われ、彼の友達の誕生日パーティー
っつうのであんまり興味ないけど行って来ました。
(いや、私の友達しか知らんし。。。それ以外は全員知らん人ばかり…
しかももろ英語圏の人ばっかりでアジア人また一人状態…むむむ)

さて、昨日の飲み会でフト気づいたことがあったので、
今日は各国の飲みスタイルについて語りたいと思います。

飲みに行くにもその国それぞれのスタイルがありますよね。

個人にもよると思いますが、私もいろんな国の友達と飲みに行ったりした中で、
いろんな飲みスタイルがあるもんだわ、と気づいたことをば。

       ビール
<日本人>
日本人はたいていきっちり割り勘タイプが主流ですね。
もちろんその飲みの席にもよりますが、友達同士だと大体きっちり。

身分によらず、友達同士の場合はおごらない場合が多い。
もちろん、わきまえた人は目上の人がおごってくれる時もあるけれど、
意外にみんなきっちりしてるよねぇ。。。

でも日本ではまだ男女差別があるためか?
男=多め、女=少なめに払うのが許されている。

<台湾人>
誰が払うかを奪い合うことが多い。このホスピタリティ精神がスゴイ。
場所(自分のホームに関わらず)によらず、ここは私が!的なケースが
多かった気がする。金銭的に同等の場合でも、今回おごられたら次回は
私ね、という風に持ちつ持たれつの場合も。

台湾人にとって割り勘はあまり理解できない文化のようです。
年下のコですら私にたまにおごってくれたりする。
『気持ち』重視の情熱家タイプが多い。

台湾はまだ男が責任感が大きかったりする感じがするので
男が払うのが多いかも。

<タイ人>
韓国人の友達はあまり多くはないのですが、多分韓国人もタイ人と
似ているのかな、収入の多い人が払うのが当たり前。おごられる方も、
大してありがたがっておごられていない感じが…。=当たり前になりすぎ!

私もタイに3年住んでいたため、他人に対する期待値も上がってきてしまったのが難。
自分より収入がある人がおごらないのを見ると、…びっくりと驚くことが多い。
でもわかりやすくていいよね。収入が多い人が払うと罪悪感ないし。

<イギリス人>
で、イギリスに来て気づいたのは、これはイギリス人だけでなく
ほかの国の人もそうなのかは皆さんご存知でしたら教えてくださいね。

でも最近イギリスで友達大人数(多国籍でも)で飲んでると、そのうち飲み物が終わると、『じゃ、○○ちゃん、なに飲む?あなたは?』と、飲み物を買いに行きたい人が、
ドリンクがあいた他の人の分まで買ってあげてるのだ!!!バー

しかも知らん人にも!!(複数に)その日にあったばかりの(友達でない?)人にまで
いきなりドリンクを買ってあげちゃう太っ腹さにはちょいと驚きました。

もちろんこれは順繰りにというのがポイントで
『じゃあ次は私が買ってくるわね、何がいい?』とその時点でグラスの空いた人の
注文を聞いて買ってきてくれるのだ。(男女関わらず)

しかもここで日本人なら『いくらだった?』と、自分の分を払おうとするところだが
こちらの常識では、買った人のおごりらしいので、お財布は出さずに、おとなしくおごられましょう。

これが結構無言のプレッシャーであたしにはちょっと疲れるのだが
ええとこの人買ってくれたから、あとあの人ももうすぐグラス空きそうだし、
あ、でもこの人もさっき買ってくれてたよね、って迷ってるうちに
ほかの人がドリンク聞いてる!って、このタイミングを計るのが
結構難しい。しかも会ったばかりの人におごってもらうなんてなんか
悪い気もするし…。

って皆さんはどうですか?
もちろんこれがデート狙いの、男女間だと話は別ですが
あくまで友達同士の飲み会ではこんな感じが私の印象です。

いろんな文化を知って飲みに行くのもコミュニケーションのひとつですな。
いろんな国の人と飲みにいってみよー!


ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In-

スポンサーサイト



ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Comments

ロタ
2006/11/15 20:44
■とこさん、おはようございます。
お久しぶりです〜。
ほんと、私も初対面の人におごられる時には
かなりびっくりしましたね。
でもそういうルールなのね、とわかると
ほぉ〜、と納得ですね。
日本でも個人差が多いですね。
純粋にいつも割り勘する友達、
いつもおごってくれる友達、さまざまですな。
2006/11/15 13:12
お久しぶり〜。元気そうで何よりです(^-^)
私がロンドンに行った時も友人の友人とかがクラブとかで一緒になると『グラス空いてるじゃない、何飲む?』とかって聞いてくれましたね。そっか、そういう仕組みだったのか。
初対面なのに親切な人やなぁ、とか思っちゃってました(笑)

滞在期間短かったし、お客さんモードで甘えまくってました。次回行く時には、ちゃんとお礼しよっと。

日本でも支払い方は人によりますよ。
完全にきっちり割り勘っていうのは、私の周りではあまりやりませんね。端数まで割るのは『粋じゃない』という感覚があります。割った場合も、男性や収入の多い人が多く払うのが一般的ではないかな?

個人的には、誘った方が奢る事が多いです。恋人同士の場合、もしくは友達でも男性と2人で行った時は、基本的に彼が出してくれますね。私がよく使うのは、奢るよと言われた時に、大きいお金(お札)は奢ってもらって、端数があったらそれを私が出すというやり方です。この辺は、個人差ありだと思いますが。

国民性もあるけど、個人差が大きいような気がしますが、どうなんでしょう?
ロタ
2006/11/05 05:58
■photonatpenangさん、おはようございます。
確かにお酒の弱い・強いでも
おごり方の平等さが違いますよねー。

■sachipokさん、おはようございます。
そうですよね、飲まない人の割り勘はたしかにつらい
かもですね。
カンボジア人も熱い人が多いのかな、
イギリス式も結構気を使いますよね…。

■Megさん、おはようございます。
おお、やっぱりこの順繰り方式は
れっきとした方法だったのですねー。
イギリス人の友達は少ないのですが
イギリス人のイメージってけちなイメージが
ありましたが、実際どうなのかしら、
まだ実証されてません。。。

■melocotonさん、おはようございます。
おお〜、そういう暗黙の了解も
こわいですねー。
たしかにそうですよね。
ここは何が何でもラウンド買っとかないとですね…。
2006/11/02 01:20
はーい、↑のイギリス式正しいと思います。 でも絶対自分からラウンドを買わないけちな人もたまーにいますよね。 そういう人は次から呼ばれなくなる、という暗黙のルールもあります(^^)。

Meg
2006/11/01 17:07
お久しぶりです! イギリスの順繰りでおごるやり方は、林望の本で読んだことがあるのですけど、恋人関係においての支払いのルールは、自分の経験と他人の話を聞いて、国籍は関係ないと感じています・・・。国籍ではなく、個人の問題ですね。ヨーロッパの男性ですら、紳士じゃないと、おごらないようですね。
2006/11/01 08:45
カンボジアはここで書いてある台湾人に近いかな〜。
私としては日本人の割り勘が一番楽ですが・・・(でもあんまり飲む量が多くないので割り勘負けすることもしばしば・・・そういうときは嫌になりますね)
イギリス方式は気を使いそうですね・・・ちょっと飲み会とか敬遠しちゃいそう。
photonatpenang
2006/10/30 23:14
酒弱い人は最初におごらんとね。。。
ロタ
2006/10/30 19:29
■zuozuomuちゃん、おはようございます。
うん、友達によるよね。ピュアな?日本人的感覚と
中国系を理解した感覚とはまた違うと思う。
タイに住んでる日本人同士でも感覚が変わってくると
思うからね。
きっとzuozuomuちゃんもチャイニーズな感覚が
しみとおってきたのかしらん…!?

■Yukioさん、おはようございます。
お久しぶりでーす!
ほんと、タイだと日本人としてタイ人相手に
おごらんわけにはいかんだろ、的な感覚が
植えつけられちゃってますよね。
日本で6人全員おごるってのはなかなか機会ないかも
しれないけどタイならOK!な雰囲気ですもんね。
あー、私もタイのバブリーな生活が懐かしいですゎ。。。

■ isao、おはようございます。
これが私の一般的な印象なのよ、@ロンドン。。。

+
日本に住んでいるイギリス人の一般論はわからないけれど、
少なくとも私がこっちの生活を通して感じたことなので
こちらのイギリスでの飲み会の印象はこんな感じです。

それぞれ別の飲み会@多国籍でも(スペイン人、オーストラリア人、ドイツ人など)との飲み会でもこうだったので、
それがロンドンスタイルなのか、ヨーロッパスタイルなのかは不明だけど…。

>デート狙いの、男女間だと話は別ですが

ピュアなイギリス人同士の飲み会でも女の子も
率先して買っていたのよ!
あくまでも友達同士の飲み会の話ね。

■ juliaさん、おはようございます。
そうそう、上司の判断はその辺でされますよね。
けちな上司はやっぱやだな〜〜〜。
これからもロンドンでの発見をレポートしますね♪
julia
2006/10/30 12:12
お久しぶりでーす。
お元気そうでなにより。
おもしろいですね、おごられ方。

日本では割り勘が普通。。。そう、そうでした。でも上司がいて、上司が多く出してくれない場合は「ケチよねぇ」なって評判になったり 笑。その辺日本は難しいですよね。

イギリスのそのやり方も、スマートに出来るかどうか。。ロタさんのプレッシャーってすごく分かります!自分だけ払ってない、って気になるもんね。

また気になることがあったらレポートしてくださいね♪
isao
2006/10/29 23:39
んん、、、、
このイギリスでのケースが一般的なやり方かどうかを確認するのがいいのでは?
いい意味では太っ腹かもしれないが、俺は個人的には別の事情ありと推測する。

理由は
‘本にいるイギリスの人とも何回か飲んだことあるが、そのようなやり方は聞いたこと無い。あり得る話かもしれないが、それは飲みに対するプライオリティを高く持つ人のポリシーなのでは?
△爐靴蹇Londonのような多国籍の人の集まる場所は、それぞれのやり方を確認して動くケースが、自分の経験上では多いと思う。
やはり西洋のGentleManは、「オンナにおごってナンボ」のスタイルが徹底されているから、「俺は狙った女以外にもおごるぜ」の姿勢を、アピールしたかったのでは?
2006/10/29 17:58
ども,お久しぶりです!
ごっつ興味深く読ませていただきました.
たしかに英国式おごる・おごられるは気を遣うのが大変やけど,それによってコミュニケーションが生まれることは間違いないですね.あまりにドライすぎる日本よりは多少面倒くさくてもそっちの方が個人的には好きです.

ちなみに先週タイに出張に行った際にタイ時代の職場の同僚タイ人(6人)が飲み会を開いてくれたのですが,思わず驕ってしまいました.総額2000B弱也.たまにはこういうのもいいかなと.
zuozuomu
2006/10/29 15:32
各国にいるロタの情報、これすごく参考になります。
なるほど・・・いろんな国の状況が読み取れます。
最近、あたしの周辺ではあまり割り勘があまりありません。
なんでかな?んでも友達の間だとやはり割り勘とか、この食事はあたしがおごるから、お茶はおごってねみたいな感じもありますね。

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL