+ 双子、ベトナム料理屋さんに行く
Friday, 13, 2015 at 15:06


昨日は母親と一緒に、

ベトナム料理が乱立しているKingsland roadにある

お気に入りのベトナム料理屋さんに行ってきました。



前々からこのお店に母を連れてきたかったんですよね。



前菜を目の前にニッコリの母親↓







こちらは定番の生春巻き。

皮がモチモチしていて

美味しかったです。







こちらは揚げた生春巻き。

これもカリカリサクサク。

おいしかったです。







こちらはイカの唐揚げ。

胡椒がきいていて美味。







そしてこちらがパンケーキのような一品。見た目はパンケーキか、

オムレツなのですが、実はこの黄色い部分が、

かなりパリッとした固めの食感で、一緒についてきたソースを

かけるとしっとりしておいしいです。

中は炒めたもやしと鶏肉とエビが入っています。







そして感動したのは、こちらのハーブ。

注文した牛肉のフォーについてきたんですが、



なんと味が日本の紫蘇そのものなのです!!







このハーブ、バジルの1種だと思いますが、

英語でなんと言うのでしょうね?



あまりスーパーでは見かけません。

どこで見つけることができるのでしょうか、

次回見かけたら大量に購入したいと思います…。



【お店情報】

Song Que

134 Kingsland Road, London E2 8DY

お店ウェブサイト


http://www.songque.co.uk/




ベビーカー歓迎度 ★★★★☆



ベビーカーで入ったところ、

既に店内には他にも3テーブル位赤ちゃん連れがいました。



トイレに行かなかったので

オムツ替え台の有無は分かりませんが、

(確か昔入ったときにはなかったような…)

私たちがついた席はレストランの角で

ベビーカーを置くスペースもありました。



店が全体的に広いのと、カフェ兼大衆食堂のような

雰囲気なので赤ちゃんが泣いても

それほど響きませんので、気楽にいけますヨ。

本日の双子↓



メルマガ配信中
  このエントリーをはてなブックマークに追加 ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Bookmark and Share
+ ロンドンのカザキスタン料理
Thursday, 31, 2014 at 00:23
さかのぼるは2010年に、私とSweetieで始めた
『ワールドフードツアー』というプロジェクト。

コンセプトは要はせっかくグローバルな都市、
ロンドンに住んでいるのだからロンドンに住んでいる間に、
いろんな国のグルメを食べてみよーぜーぃ!ということで
始めました。

やり方は簡単。
まわりのお友達・またはそのお友達を誘ってみんなでAからZまで、
アルファベット順に、ロンドンにあるその国の食事を楽しむ。

これまでやったのは:

Aはアフガニスタン
Bはビルマ(ミャンマー)
Cはキューバ
Dはデンマーク
Eはエチオピア
Fはレアに行きたかったのですが、フィジーはロンドンにレストランがなく、
(フィジー大使館にまで電話して確認しました。笑)
フィンランドもデンマークの北欧料理とかぶっていたため、
ベタなフランス。
Gはジョージア。
Hはハンガリー。
Iはイラン。
Jはジャマイカ。


しかもこういう料理、普通なら行かないでしょー。
というのが多いので新しい発見があります。
(どのアルファベットも、そのアルファベットの中からなるべくレアな
料理を選びます。あとはFacebookのメンバー内の投票で決まります。)

2010年からはじめてまだKって段階で、
半年に1回くらいの頻度でやってますね、これ…
もうすこしスピードアップせねば、いつZにまで行き着くか、分かりません!

とりあえず、レストランに行く前にはその国の地理と
Cuisine(料理)をWikiで調べるくらいですが、いろんな地域により
料理の影響も見て取れます。

これまでのレアだったわーとおもうお料理は何といってもエチオピア料理。
どんな料理だか行く前は想像もつきませんでした。
意外に辛かったのと、クランペットのようなぼつぼつ穴の開いた
サワーブレッドの平たい版?クレープのようなパンを手でちぎって
食べるのがかなりオーセンティックでした。

今回はKはカザキスタン料理。ほかのKのつく国名は
ケニアか韓国だったのですが韓国は普通すぎ、
ケニアはどちらかというとケニア出身のインド人が開いている
レストランが多いので、インド料理っぽくなっているので
カザキスタンになりました。

カザキスタンの地理はこちら↓


ロンドンで見つけたカザキスタン料理は2つほど。
平日に行くには少し不便なところだったので、日曜日の
ランチとして予約して行きました。

何人か新メンバーも加わり、楽しいサンデーランチとして
異国情緒なお料理をいただきました。

まずは前菜。こちらはSweetieが頼んだハルミチーズ。
一口もらいましたが、美味しいですね!



私は野菜をとりたかったのでこちらのグリルベジタブル。
優しい味で、とてもおいしかった!



そしてこのワールドフードツアーでいろんな国の食事を食べて
気づいたのですが、

餃子ってどの国にもあるんですね〜!

イタリアでいえばラビオリ、中国や日本では餃子、
東ヨーロッパでもDumplingとして肉餃子それも巨大版!が
メインとして食べられています。私が注文したのは肉バージョン。
トマトソースとサワークリームで食べられるんですが
私はトマト味のほうが美味しいと思いました。



Sweetieが頼んだのはビーフストロガノフ。
こちらはロシアの影響でしょうか、酸っぱさが少し
ロシアンな感じでしたね。



〆はBaklava、こってり甘ーいデザートです。



というわけで、ロンドンでは本当に本場の多国籍なお料理が
楽しめるので、カザキスタン料理に興味がある方、
ぜひ行ってみてください↓

Pasha Restaurant (ウェブはこちら
158 Camberwell Road, SE5 0EE, London
Phone: 02078719963 

JUGEMテーマ:グルメ
メルマガ配信中
  このエントリーをはてなブックマークに追加 ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Bookmark and Share
+ 週末ブランチ The Harberdashery Stoke Newington
Tuesday, 10, 2014 at 20:10
週末は2日間にわたって、ほとんど晴れましたが、
土曜日の朝はどしゃぶりに近い雨ザーザーで始まりました。

Sweetieがブランチはうちの近くの朝食の評判がいいところに
行ってみよう〜ということになり、行ってみました。
うちの近くって徒歩30秒のところなんですけどね…。

本店はCrouch Endにあるそうですが、
Stoke Newington店はうちの
ごく近所にできました。

The Harberdashery
 STOKE NEWINGTON店:
170 Stoke Newington High Street, London N16 7JL


何やらいろんな賞をとっているカフェです↓
Best Coffee Shop in London  - London Lifestyle Awards
Best Caffeine Fix in London - Grazia Magazine
UK’s 50 Best Cheap Eats - The Independent
London’s Best Breakfasts - Time Out 7 Best in North London
いーーーーっつも週末、このこじんまりとしたカフェだけが
激混み!!な状態で、どんなにおいしいんですか、と
気になっていました。

お友達とケーキを食べには来たことあったんですが
朝食がどうやら有名らしいので…、やっとこれを機に朝食食べられるわー。

で、Sweetieが頼んだのはこちら↓
普通にFull English Breakfast.

なんでここで普通のFull English Breakfast頼むのよー。
と私的には納得いかない?選択でしたが、
まぁこのお手製のハッシュブラウンが
カリカリサクサクでかなりいい感じでした。

full english breakfast

私はOak Smoked Salmon(オークスモークサーモン)と
スクランブルエッグwith Bloomerブレッド。↓

まろやかなスクランブルエッグとサーモンが絶妙☆

oak smoked salmon


ということで美味しいブランチでした。
Stoke Newington近くに立ち寄る方が
いらしたらぜひ試してみてください。

JUGEMテーマ:日記・一般
メルマガ配信中
  このエントリーをはてなブックマークに追加 ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Bookmark and Share
+ ニューモルデンの炭焼き焼肉屋さんへ!
Tuesday, 03, 2014 at 21:10
皆さん、またご無沙汰してしまいました、お元気ですか?

さて、やっと6月に入ってロンドンも暖かくなってきました。
というのも、春もいい感じに突入してはいるものの、イギリスの春って気が抜けないので
まだまだ20度以下でたまに寒かったりしますので、うちの寝室にはまだヒーターが置いてあります。。。
そろそろ扇風機に変えてもいいころかな?

さて、だいぶ前にフラットメイトといったニューモルデンが懐かしいな〜と思って
過去記事を見てみると、前回行ったのは2006年だからもう8年も前!

ロンドン市内でも焼肉は食べられるんですが、
なんかこう久々にちょっと遠出をしたいわーと思い、そして本格焼肉がしたいと思って
旦那を連れてのニューモルデンに。

調べてみると、イギリスのニューモルデンはヨーロッパ一の韓国人村らしいので、
オーセンティックなわけですよ。

で、車で行ったのでもう渋滞にはまって、旦那のぶーぶーいうのを横目に、まずは
このコリアンスーパーマーケットに連れて行ってもらいました。じゃん。↓

韓国スーパー、KOREA FOODS

さすが韓国食材輸入業者らしく、アジア系の食材は
韓国食材以外でも日本のものやタイのものなど、
かなり豊富にそろっています。

韓国以外の食材もそろってます!

そしてごっそりとアジア食材を買い込んだあとは、
お目当ての韓国料理屋さんへ〜。

行った場所はお友達に勧められたKorea Gardenというところ。
Time out Londonにも載っています。

さて、やはりまずはキムチでしょう〜。

まずはキムチ

そして海鮮チヂミ。ちゃんとタコも入っていてウマい!

海鮮チヂミ

そしてこれは韓国語でなんというんでしょう、春雨の少し太い版、
牛肉こま切れとの炒め物の前菜です。

グラスヌードル

そして待ちに待ったお肉!
牛タンから始まり、牛カルビと豚カルビを
いただきました。…ってかなり食べすぎでしたけど、この時点で。。。

炭火焼で牛タン

お店のウェイトレスのおばちゃんが基本的に良くテーブルに戻ってきては
お肉を料理してくれるのですがそこはBBQ好きな旦那、
すぐ自分で調理したくなるようです。

嬉しそうに調理をする旦那

というわけで、8年ぶりのニューモルデン、ほとんどの時間が
渋滞のため車の中で費やしてしまったのですが
駅前近くをぶらぶらするだけというのであれば
電車で行く方法をおすすめします…。

ロンドン南部のほうへの道はいつも激混み!!!

それにしても久々の韓国料理を堪能できて良かったです。


JUGEMテーマ:グルメ
メルマガ配信中
  このエントリーをはてなブックマークに追加 ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Bookmark and Share
+ ファクトリー系のおしゃれビール製造カフェ・CRATE BREWERY
Tuesday, 18, 2013 at 22:47

たしかこれは先々週の週末にイタリア人の友達、
シモーネに呼ばれていったところ。

うちの近くのHackney Wick出始めて作られたBrewery・ビール醸造カフェです。


UNIT 7
WHITE BUILDING
QUEENS YARD
HACKNEY WICK
LONDON, E9 5EN


実はその前の週くらいにこの運河
ちょっと前のブログエントリーに書きましたがStratfordの
オリンピックスタジアムにいったあの日、この向かい側を
自転車で通り過ぎていて、
向かい側から見かけて、
すごい人がいっぱいいて、どんなところかしら、
行ってみたいなー。
とおもっていたら、まさかシモーネが
ここを選んでいたとはビックリ!

ちょうどいってみたかったのでラッキー。

ご覧の通り、カフェの目の前には運河があり、
こういう細い川沿いの道をTowpathと呼びます。

私とSweetieは天気がいい週末にはこの
Towpathを自転車で走るのですが
本当に気持ちいいですよー。

散歩している人もたくさんいますし、
週末天気のいい日にはぜひ。

HackneyからだとHackney Marshesのあたりから、
またはIslingtonやRegent Parkあたりからも入れます。

ハックニーのビール製造カフェ

真ん中がバースデーボーイのシモーネ。

ハックニーのビール製造カフェ

照明もラブリー☆

照明もかわいい

 JUGEMテーマ:グルメ
メルマガ配信中
  このエントリーをはてなブックマークに追加 ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Bookmark and Share
+ The Fat of the Land - スペイン・タパス料理
Saturday, 16, 2013 at 07:10
今日は先日行ったタパス料理屋さんのレビューをしまーす。


最寄り駅というらしき駅がないのですが、
静かなマリルボーンエリアにひっそりあります。

タパスということで結構いろいろ頼んでしまいました…。

6時前についてしまったのでレストランのほうがまだ開いていないということで
まずはスパークリングワインを飲みつつ、おつまみを注文。

Serrenoハム、燻製が大好きな私…前にイタリアに行ってから
すっかりあのどーんと腿の大きさの新鮮なCured Meatをスライスする
燻製モノが大好きに…

ほんとにスライス仕立てのお肉はスーパーでパッケージに入っているものよりも
全然香りが違うし、味もプラスチックの味がしないというか…おーいーしー。

この1階はバー&パブになっていて、テーブルも結構あるので
ちゃんと座って飲める感じです。

上の階はレストランになっていて、グループで来ている人たちもいたので
カップルでもグループでもおすすめです。

さて、思いっきりたくさん頼んでしまいましたが…

◎Manchigoトリオ(3種の)チーズ
◎ラビット肉のシチュー
◎鶏肉コロッケ
◎豚バラのDeep fried
◎タコのカルパッチョ

と、ちょっと食べすぎ。。。

でもどれもほんとに美味しかった〜。

The Fat of the land チーズトリオ

なんか、お店の名前がすごいのですが、これはおそらくオーナーの人が
プロディジーの大ファンなのではないかということで…。

こちらのアルバム名がThe fat of the land…。

 
The Fat of the Land
35 New Cavendish StreetLondon w1g 9tr


タパスの品々


トリップアドバイザーにもレビューを乗せたので
良かったらポチっとお願いします。
TripAdvisor

タパスを作ろう→
JUGEMテーマ:グルメ
メルマガ配信中
  このエントリーをはてなブックマークに追加 ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Bookmark and Share
+ コーヒーをゆっくり飲む
Friday, 15, 2013 at 08:44

うちの職場近くに、いわゆる 

 珈琲店 

の様なカフェがあり、ゆっくりコーヒーを
淹れて飲めるところなので、ご紹介しま〜す(^-^)/ 

ランチタイムにはオフィスワーカーで賑わうLeather Lane(EC1)にあります。 

このお店はエスプレッソフィルターコーヒーが有名らしいので、
フィルターコーヒーを頼んでみました。 

店内にはコーヒーグッズも各種売られています。 

目についたのは、ドリッパー系のコーヒーは日本からの輸入が多く、
ほぼほとんどを日本のカリタの製品で占められていました。 

このアイルランド系のお兄さんがちゃんと水、コーヒー豆の分量を
きちんと図って、(このシルバーの台はデジタル計り台)
それはまるで茶道並のゆっくりした
コーヒーそのものの淹れるプロセスまで楽しめる、素敵なカフェでした。

昼休みのドタバタした喧噪のなか、リラックスできますよ〜。

ちなみに今ウェブサイト見て気づきましたがこのカフェ、
2009年の世界バリスタチャンピオンによる
トレーニングを受けた
カフェらしいです、
なるほど、こだわりありますもんね。さすがです。

Prufrock Coffee
23-25 Leather Lane, London EC1N 7TE
http://www.prufrockcoffee.com/

 

コーヒーを淹れる 

これからイギリスに来るという方、日本のあの逆三角形の
コーヒードリッパーはこちらではあまりスーパーなどで見かけないので
是非100均のでもいいので、買って置くと便利ですよ!

紙のフィルター自体はコーヒーメーカー用に普通にスーパーでも
見つけやすいんですが、ドリッパーの方は本当に見つけにくい!ので御注意。
(さすがに今だとオンラインでは見つけやすいですね、私がロンドン来たばかり
のころはなかなか見つかりませんでしたよ、ドリッパー式…。)

こちらはどちらかというとフレンチプレスも結構主流ですよね。
紙フィルター使わない分、エコにいい感じもしますし。


オンラインならUKでもフィルター式を買えるようですね
       
     
フレンチプレスならこんな感じ
     


メルマガ配信中
  このエントリーをはてなブックマークに追加 ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Bookmark and Share
+ Benihana ピカデリー @ロンドンで鉄板焼き
Monday, 10, 2009 at 06:34


ということで、Sweetieのバースデーディナーは
ロンドンのピカデリーにある、エンターテイメント系Benihanaに決定!

今回はロマンティックな二人きりディナーよりも、
なんとなくエンターテイメント系なものに挑戦したかったので…。

レビューを見たとおり、このレストランはカップルで来てもいいけれど、
やっぱり子供連れのファミリーやグループで行くタイプのレストランかな。

この自分の目の前でいろいろな鉄板焼き技を披露してくれるシェフ、
子供たちはすごい喜んでいましたね。

グループで行くとまた違った盛り上がり方がありそうなので、会社のパーティや
誕生日パーティなどにもいいかもしれません。

前菜から↓


ロンドンのBENIHANAで

えびをちょちょちょちょちょーーーっと切る技はさすがに早くてすごかった!


えびをちゃちゃちゃーっと

デザートは黒ゴマアイス。コレ結構味がしっかり黒ゴマでおいしかった~!

デザートは黒ゴマアイス


【レストラン情報】

Benihana(ロンドン・ピカデリー店)
37 Sackville Street
London W1S 3DQ

電話:+44(0)20 7494 2525
ウェブサイト

みなさんは素敵な週末を過ごしましたか?


JUGEMテーマ:グルメ
 
メルマガ配信中
  このエントリーをはてなブックマークに追加 ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Bookmark and Share
+ メゾン・バトー Maison Bertaux
Friday, 31, 2006 at 07:01
久々の食べ物ネタ登場です!

先日、Aちゃんのお誕生日ということで、
お祝いにおいしいケーキ屋さんに連れて行ってもらいました。

そのケーキ屋さんは1871年創立の、
それはもう老舗〜〜〜〜という雰囲気たっぷりの
フレンチなケーキ屋さんでした。

    メゾンバトー

一度、SOHOのあたりに迷い込んだ時に、
ちらりと見たことがありましたが、
実はこのケーキ屋さんてとっても有名だったのですね!

         メゾン店内

店内も気取らない雰囲気で、ゆっくりと午後の
ティータイムをするにはぴったりです。
確かに1階はピンキーで、2階は公民館のような庶民さが…。
  
      モンブランとアーモンドシュークリーム

注文したのはモンブランと、アーモンドシュークリーム
(写真は逆になってます。。。)

モンブランの下にはメレンゲか??さくさくとした生地があり、一口食べるとそれはもう
『おいしい〜〜〜』味が口の中に広がります。
(やはりモンブランは食べとかないと!
いけないメニュー
のようです。
皆さん、ぜひお試しくださいね♪)

ひ、ひさしぶりにこんなにおいしいケーキを食べた!
ケーキは約2ポンドちょっと(=400円前後)。

確かにタイにいるときにはあまりおいしいケーキに
めぐり合えませんでしたが、さすがイギリス、
こういうスイーツのレベルが高いわぁ。

         メゾン店内2

店内もかわいらしい、親しみやすい内装。フランスっぽい?

       花

ということで、Aちゃん、ハピバースデーでした♪

Maison Bertaux:28 Greek Street, Soho, W1D 5DD
Tel:++44(0)20 7437 6007
地図

人気ブログ@地域情報(ヨーロッパ)&留学で頑張ってます!
1日1ポチお願いいたします♪
メルマガ配信中
  このエントリーをはてなブックマークに追加 ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Bookmark and Share
UK
管理者用

rie eichmann

みなさん、私のブログにようこそ。
アイクマン理恵と申します。
早いもので在英9年目に突入。
私のイギリスでの日常生活をメインにこのブログを通して グローバルに活躍したいあなたを応援します。
■語学■日本語・英語・中国語・台湾語・タイ語
■留学・仕事経験■アメリカ・台湾・タイ・イギリス
■取得■ TESOL、MBA、NLPトレーナー
■住んだことのある場所■日本・東京→台湾・台北→アメリカ・ワシントン州→タイ・バンコク→イギリス・ロンドン【現在】









+ 世界からようこそ
+ recommend
+ jugem ad