またまた久々の更新となりましたが、皆様いかがお過ごしですか?

さて、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、我が家、クリスマス以降に
Wiiを購入して以来、いまだはまっているのですが(Wii友募集中です。)、
予想外に面白くてはまっているのが、『マリオカートWii』なのです。

私は生活の中で起こることや、スポーツ・ゲームを通して学ぶことって非常に好きなのですが
(新カテゴリまで作ってしまいました…)最近はこの『マリオカートWii』を通じても
楽しい学びがあったので、皆さんとシェアしたく。

このゲームの中には、オンラインで世界中の人と対戦するモードがあるのですが、
プレイヤーはそれぞれ自分の『ライセンス』を使ってプレーします。

うまくプレーできると、対戦をした際に、他の人からポイントをゲットし、
(自分より高得点を持つプレイヤーに勝つとより経験値ポイントが増えます。)
スタート時点ではみな平等に5000ポイントからスタート。

対戦するたびにこのポイントが上下したり、負け続けて3000点くらいになってしまったり、
凄腕の人は9000ポイントになったりします。

それを世界各国の人とプレーできるのも楽しいのですが、2人同時プレーをする際には
その『ライセンス』を持つプレーヤー本人と『ゲスト』という形でもう一人の人が
参戦できる形になります。

通常このゲストが勝っても負けてもポイントにはなりませんが、
順位の食い込み方によっては他ライセンス保持プレイヤーのポイントに
影響を与えることになります。

そこで、自然と私とSweetieは協力的に、お互いライセンスを持つ人がプレーするたび、
敵?を攻撃したり、障害物を率先的にアタックしたり、なるべく勝てるように?
チームプレーをしていました。(ズル?)

そして、とあるゲームが終わり、私の勝利をフルサポートしてくれていたSweetieの
協力も得て!私がトップ3にランクイン、やったーー!と喜んでいると。

Sweetie 『○○○(他プレーヤーのニックネーム)って人も、
たぶんゲストだね。』
ロタ『何で分かるの?』
Sweetie 『だって、僕と同じくゴール前で待ってたから。』
(ライセンス本人よりも先にランクインしてしまうと
順位が下がるため、先にゴールさせてあげるという作戦)


身内と協力ということでは当たり前なことかもしれませんが、
その見ず知らずの友達・もしくはカップルも同じことをしていた!!!

ということに非常に感動し、



やっぱり世の中には、
愛があふれているなぁぁぁ〜〜と思った。



どこの国に住んでいて、どんな人かは分からないけれど、
人間としての思いやりや愛情って万国共通なもの。

その行動で、ゲームの裏側にある人たちも、
愛情のある行動が見て取れて、なんだかうれしくなってしまったんです。

みんな、同じことしているんだな〜。

このゲームを通していろんな価値観を持つ国の人が同じように楽しめる、
そんなゲームを作った宮本さん素晴らしい。
彼はほんとにすごい人です。