In★起業・ビジネス・仕事★

エグゼクティブコーチング

昨日は、久々の
異文化講師としてのお仕事。

2セッションのうち、後半のはエグゼクティブコーチング。

両セッションともかなりいい反応を貰えて良かった〜。

いつもセッションが終わってからトレーニングについての
参加者のフィードバックシートをもらうのだが、
10の内の満点評価をもらうとやはりやりがいを感じるもの。



普段のフルタイムママ業の時は、うちのクライアント達(双子ボーイズ)に、
同時ギャン泣きされた日にはかなり凹むものがあるのですが、
(いや、泣くのは彼らの仕事なので、
特に自分のせいではないとわかっているのですが…。)
やはりたまに仕事で、自分の専門エリアで仕事をすると
なにかこう自信を取り戻すせたような気が…。



ほんと、育児はマニュアルもないし、
得た経験もすぐに次のステージにアップグレード?
しまくるので、常に未知の世界との遭遇ですよね。。。

それにしても子供ができた後の私の脳みそって。。。
仕事内容は大丈夫だけども人の名前が全く持って
思い出せないのが辛い。。。。


ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In★起業・ビジネス・仕事★

怒涛のブレインストーミングと入札案件

先日、仕事でとあるドデカイ!テンダー(入札案件)があったので、
とにかくこの入札案件で勝つために、プレゼン全体とアプローチを見てほしい、
(かつ実際にプレゼンにも参加することに…)ということで
助っ人として呼ばれてロンドン郊外のとある会社に。

ま、この案件をゲットしないと私も仕事にならないので
とりあえずみんなチーム一丸となって出来上がったドラフトに
意見を入れて作り上げていく…という、結果4時間ほどミーティングルームで
ブレインストーミング+プレゼン改善をしてきました。

イメージ的にはこんな感じ。

何かいつもは私個人で仕事をしていることが多いので
久々にこういうチームで働く感覚が楽しかったです。
普通に会社勤めしてた時はこういうミーティングあったよなぁ〜と
懐かしく思いました。

ま、独立して自分ペースで仕事をするのも楽だけどね。。。
マネージャーだった時代は実際の仕事にプラスされて
若い人たちを管理するってのは、結構ストレスたまる仕事でした。。。

それにしてもイギリス人と仕事してるわぁ〜!と思った瞬間↓

=======

その1:この入札案件主要メンバーのトニーという人が、
月曜日に2人目のお子さんが生まれたということで急きょ、
パタニティ(パパの育児休暇)休暇を1週間ほどとることに。

このプレゼンの下書きすべては彼がやったにもかかわらず、上司である
マネージングディレクターのフィルが全部カバーしてた。

(この人私の隣に座ってたんだけど、イベントで話したことはあったけど、
その時名刺交換しなかったのでその人がMDとは知らなかった!
道理でリーダーシップがあったはずだ。。。)

その2:アイディアを出し合うときは、惜しみなくガンガン人の話を遮る!
(しかも話も結構飛ぶ!)

=======

その1については、チームワークがすごいな〜と思った。
日本だったらどうなんだろう、社長もこんなにHands onで対応してくれるもんなのかな?
会社の規模にもよるけどこの会社は200名規模の会社なのでそういうアットホームな
雰囲気なのかも?

その2については、MDのフィルのリーダーシップが良く見て取れました。
(見た目結構若いのにデキるタイプ。)
私も前の会社で自分のチームを率いていたときに
度々チームのみんなでミーティングしてましたが、
この『チームをまとめ』て、短期間で『結果を出す』というのが、
マネジメント、リーダーとしては要求されるよな〜としみじみ思いましたね。

みんなそれぞれの部分を担当しているので、あれこれアイディアがどんどん出るのはいいけど、
それでも4時間くらいのミーティングだとフォーカスを失いやすくて脱線しやすい…。


そんな感じで、私のアドバイスもいろいろ聞き入れてくれたようなので、
いいプレゼンの仕上がりになったと思う。

その次には入札が通ったら、本番プレゼンだ〜。

JUGEMテーマ:ビジネス


ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In★起業・ビジネス・仕事★

起業家へのメッセージ

こないだロンドンビジネススクール(London Business School)
主催するイベントがDeloitteで開催されたので参加してきました。

昔の職場近くのChancery Laneに行くのも久しぶりでした。
この辺懐かし―。

デロイトのオフィスに行くまで

さすがLBSとデロイトのイベントだけあり、
結構な数の参加者がいました。

交流会の様子

参加登録者は400名ほど、ウェイティングリストまで達していたようですが
このオーディトリウム、収容人数200名とのことですが
この日は立ち見が出るほど大盛況でした。

さて、この日のゲストスピーカーはLuke Johnson。
彼は、PizzaExpressチェーン、Strada
ケーキ屋さんのPatisserie Valerieなどを経営しているアントプレナー。

いろいろと起業家として、ビジネスを立ち上げる話、
これまでの失敗や成功談などのお話を聞けてなかなかいいイベントでした。



Pizza Expressのオーナー、ルーク・ジョンソン氏


で、いろいろとアドバイスがある中で
私が一番共感したのがこれ↓
手書きアプリで書いて強調!?してみました。

計画よりも実行が大事だな〜とつくづく思いますね。
私も日頃あれをやりたい、これをやりたいと口にするものの、
実行に移さなかったらほんとに何の役にも立たない。

これは肝に銘じて、今日もアクションあるのみ!
行動に移せるようにビシバシ行きましょう。

実行あるのみ!

Execution is greater than Planning!

あら?この人のことイベントに行くまで知らなかったけど、
この人が書いた本、私既に持ってました(汗)↓

JUGEMテーマ:ビジネス


ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In★起業・ビジネス・仕事★

社内の知り合いを増やす

 先日、うちのCEOがロンドンの全社員に
呼び掛けて社内の『Gathering(集まり)』ということで
社内交流?飲み会が用意されました。

二つのオフィスのうち、私がいる方のオフィスで行われたので
これは行かねば〜ということで、行ってきました。

こっちのオフィスにはカフェテリアやCanteen(食堂)があるので
こういうイベントの時にケータリングができるのは便利ですよね。

でも結局うちのような組織であれこれ計画をして手配するのははっきり言って
至難の業。。。(もう社内ネタですが、うちの社内組織はカオス状態…)

これもまあCEOが自分で企画したから実現できたことでしょう、
他の権力のない人は何をするにも山ほどの
プロセス・時間がかかるうちの組織。。。(自慢できません)

難しいのはこういうのに出席する、といっても
実際に何人集まるか読めないところが難しいですよね。

とりあえず100人前後集まったようで、
いつもはメールのやり取りしかしていない人とも
話をすることができてなかなか良かったです。

こういうイベントでは
いつも話したことない人と話して自分を売り込む!

のが一番です。

日本でもそうですが、こういう飲みの席で大事な話やポリティカルな
社内戦略をするのはイギリスも同じ。

この時とばかりにいろんなキーメンバーに存在をアピールせねば。

という感じです。

この満面の笑みを浮かべているのはパトリシア、CEOの秘書。
彼女がメインでオーガナイズしてくれたのでなかなかGood jobでしたよ。

とりあえずタダで飲めるお酒はイイね☆

社内の交流会



私もこっそり社内を動かしたいぞ。。。→

人脈作りは英語でNetworkです。→



ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In★起業・ビジネス・仕事★

テスコ(TESCO)の元CEO、テリー氏に会う

 先日は、とあるイベントに招待されて、
テスコの元CEOである、Sir Terry Leahy氏
ゲストスピーカーとして出ているイベントに参加しました。

そのイベント、入場料120ポンドのところを、
イベント企画している会社の社長さんのご厚意で
VIPチケットをタダでもらえたのでラッキー☆なので行ってきましたよ〜。
人脈作りにもいいし。

出席者の名簿を見るとやはりテスコの元CEOのお話だけあって、
リテール関係の方々の会社名が見当たります、
スターバックスさんとか、Waitroseさんとか、
Ocadoさんとか…。銀行系の人もちらほら…。

このSir Terry Leahy、何がすごいかって、テスコのクラブカードを
(スーパーのロイヤリティカードを作ったのは初めてらしい)作ったり、
まだウェブからスーパーのお買い物なんて概念がなかった時に、
真っ先にTesco.comを作って、オンラインでお買い物もできるようにしたり、
7億の売り上げを70億ポンドくらいにしたという凄腕CEO.

昔は誰もテスコがこんな巨大な企業になるとは思わなかったときに、
競合のSainsbury's、Waitroseをグンと差をつけて10倍くらいに成長させた人。

しかも、イベントではTerry Leahy氏の本、各人1冊お土産に
もらえたのもうれしい、ワーイ(*´▽`*)。(←単純)
頂いたのはこの本↓

アマゾン日本でチェック↓        アマゾンUKでチェック↓
        


このイベントで、オッ!と思ってメモした内容は:

Simple is not the same as easy.
(『シンプル』は『簡単』と同じことではない)

あー、わかるなぁ。
シンプルって簡単そうに見えてそうじゃないのよねぇ。
なかなか難しい。


You have to be good at leading and to be led too.
(人を導いていかなきゃいけないし、うまく人に導かれるようにならなくてはならない)


これも私、思いっきり中間管理職の身なのでわかりますねー。
人をLeadしていかなきゃいけないし、上にもLeadされなきゃいけない。

他にもいろいろビジネス面でのテリー氏の経験と知識がインタビュー形式で
お話を聞けたので本当に勉強になりました。

それにしてもこのイベント会場、前にも南アフリカ商工会議所の開催する
イベントできたことがあったのでなんだか勝手知ったる…という感じですが。。。

その後はシャンパン&カナペも出て、交流会となり、
私も数人の人と名刺交換しましたが
アジア系らしき人は私だけでした。。。

それにしてもこの手土産のBlondie(ブラウニーみたいなもの)が
めちゃくちゃおいしくて帰り道、がっつり食べちゃいました。。。
どこでこのBlondie手に入るか今度聞いてこよ。。。

イベントは盛況



ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In★起業・ビジネス・仕事★

明日は会社でポットラックランチ

 明日は、オフィスの6階組にいるチーム合同で『ポットラック』ランチが行われる予定。

ポットラックとは…?

…いわゆる『持ち寄り』のこと。なので、ポットラックランチ=は持ち寄りランチ。

持ち寄りランチといえば、昔バンコクに住んでいたときもオフィスのみんなで
いろいろ持ち寄ってランチした記憶が…
過去のバンコクでの持ち寄りランチの様子はこちら。

今回はこの会社に入ってから初めてのポットラック。

私も新オフィスに引っ越してからこれを企画しようと思っていた矢先に
別の部署が提案していたので、ぜひ同じ階のみんなでやろーよー。ということに。

早速今日の夜にはお隣のPRチームの子達はFacebookで明日の持ち寄りのものを
写真アップしてるし。。。みんな何気に気合入ってます。

とある子は、ガーリックパイ系。んーおいしそう。


とある子はデザート系担当でタルトを作ったり。



私といえば…思いっきり
台湾系で焼きビーフン。
作ってみました。↓


焼きビーフン



台湾出身の母直伝のレシピです。…といっても基本は醤油・お酒ベースの味ですが、
シンプルでおいしいと思います。

そして具は私好みのアレンジで。。。

【焼きビーフンの具は…】

◎ベーコン
◎ウィンナー(しかもHalal…ターキー肉で作ったウィンナーです)
◎キャベツ
◎にんじん
◎たまねぎ
◎干ししいたけ
◎セロリ
◎もやし

干しえびがあればな〜もうちょっとそれらしい味になるんですがねぇ。。。
たぶん西洋人には魚くささがきついかも??

台湾のおばあちゃんの味としては、これにたけのこが入っていたら最高。
台湾産のたけのこは超うまいです。。。なつかしーなー。

…と結構具沢山で、フライパンと中華なべ同時使用で大量生産してました。。。
というのも母が送ってくれた台湾からのビーフン、一袋がかなり大容量のため
つくり置きで冷凍保存。

さてさて、いったいみんなどんなものを持ち寄ってくれることやら…。







ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In★起業・ビジネス・仕事★

アテネ出張中です!

お早うございます。
今日からアテネ出張です!

私のチーム発足後、初のイベントをギリシャのアテネで開催することになりました。

現地の CEOやヒューマンリソースHRマネージャーたち、そしてうちのビジネススクールに興味のある人達をお呼びして、ゲストスピーカーを迎えてのネットワーキングイベントです!

今はiPadでブログ記事をupしているので、家に戻ってから写真も合わせてupしまーす(^-^)/


ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In★起業・ビジネス・仕事★

すべての経験が役に立つ

 今の仕事の肩書きは、『International Marketing Manager』なるものなのですが、
最近つくづくと今までやってきたこと、
しかもすべてが役に立っていることを痛感してなりません。

もう年も三十路を超え、やっとこさ海外在住歴も8年というところですか、
やっと本領発揮?(=自分の今までの経験を生かせる)仕事の機会に恵まれて、
こんなめぐり合わせに感謝中です。

いままでタイで仕事をしてきたときも、イギリスでMBA留学が終わって、
自分で仕事を立ち上げたときも、そしてその後転職したときも、
やっぱり日本人であるということを売りにした?仕事に従事することが多かった私。

ま、それが売りでどうにかやっていけたわけなんですが…。

そして今やっと、その日本人だから…出来る仕事ではなく、
スキルを見込まれて、のポジションに就けることは
モチベーションも高まります。

結局、日本人が異国で仕事を探すときのカテゴリはこういう感じではないでしょうか。

1)日本人社会向け企業で日本人に対するサービスを行う 
  (日本→日本)
2)海外の地の利を生かした対日本人の仕事 
  (ローカルにいながら→日本ターゲット)
   例)海外現地の会社で日本人相手
3)日本人をターゲットにした対ローカルの仕事 (日本→ローカル)
   例)海外現地の会社向けに対日本人市場を売り込む
4)他のローカルとのポジション争いで、ローカルの仕事をGET 
  (ローカルVSローカル)
だから、今まではどちらかというと、仕事的に2)と3)の間を
いったりきたりな感じでしたね。

結局、昔から自分はどこにいても通用する国際的なスキルを持った人間になりたいと
思っていたのですが、今なんとなく10年位前の私が思い描いていた自分に
近づいている気がします。

というのも、上記リストは難易度だけでなく、また英語力にも比例する場合が
多いかもしれません。

1)英語力不要
2)英語力不要
3)英語力かなり必要
4)英語力、ネイティブを打ち負かせるくらい?必要

やはりひとつの会社で自分ひとりが日本人の環境だと、
4)の状況に無理やりでも成長させられますよね。

そして、ずっとアメリカにあこがれていた私でしたが、
イギリス・ロンドンのいいところはNYと同じように世界中から、人が集まっていること。
こんな国際的な都市で、切磋琢磨できたらきっとすばらしいな〜と思っていたのです。

実際のところ、日本人の仕事レベルもかなり高レベルで脱帽なので、
(プラス英国人怠け者な人も多いのがショックだったけど)
国際的な環境での仕事に慣れたらもうどんな人ともやっていける気がしてきます。

だから今までアメリカに行ったら…イギリスに行ったら…と
根拠のない?憧れもありましたが、日本人の仕事に対するクオリティの高さも
世界水準では負けないですよね。

私の場合、台湾人の母と日本人の父の間に育った環境で、
日本と台湾(中国文化含む)を知ることができ、
両親が自分でビジネスをしていたのを小さい頃から見ていた私は
このおかげでかなり国際性が養われたと思います。
(両親のビジネスパートナーはインド系アメリカ人)

その後アメリカに行きたかったものの、両親が(早すぎる)リタイア移住で
タイに移住してからまた違ったアジアの文化を学べたこと、
そしてまたしてもアメリカに行こうと思っていたけれども
その前にヨーロッパに立ち寄ったらもっとグローバルな視点でものがみれる国際人になれるかも…。
と思ってロンドンに居ついて早5年経過…。

人生どうなるかわからないし、今まで学んだことがすべて役立っているんですよね、
ところどころで。

どの部分も無駄でなく、だからこそ今の自分がある。

今、目の前がどこに向かっているかわからない道を歩いているかもしれません。
でも今歩いている最中には、きちっと目を見開いて、学べることを学びましょ。

将来の自分が、今の自分を見て振り返ったときに、
自分を誇れる自分でありたいですよね。

きっと将来の役に立ちます。今出来ることを精一杯頑張りたいものです。


ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In★起業・ビジネス・仕事★

チームワーク

チームワークなんて…けっ。
きれいごとじゃないの?って思ってた私。


どちらかというと、今までの仕事の経験では

いつも一匹狼的な仕事ばかりしていました。

なのでチームワークでみんな一丸となってぇぇー
みたいな体験をしたことがない私。

実質一人で仕事するということも含め、
たとえば『マーケティング部』の中にいても
自分のやっている仕事が誰とも絡んでなかったり。。。
どちらかというと自分ひとりで完結。または一人だけ違うことしている。とかね。
(海外で日本担当になると余計にそう)

人にあれこれ指図されるよりも、
自分のやりたいようにやる、ということで、自分でビジネスをする前も
会社にいながら自営業をしていたようなものだったので
(誰も教えてくれない、自分で仕事のやり方を自分流に探して
やっていくしかない体当たり的なやり方)
今また一時的に会社勤めに戻りながらも、結構このイギリス式?の
ほっとかれる=好きなように出来る環境にいるのは良かったなーとおもいつつ。。。


今回初めてチームワークの
素晴らしさを経験しました。


これほんと。


上っ面で?よく採用条件にチームワークで仕事が出来るとかリストにあったりするけど
いままではふーん、と思っていましたが、
このイベントを通して、


チームワーク=信頼感


というものをものすごく体験したんです。

このシナジーはなんか素晴らしい。
が通っている気がする。


イギリスの会社は日本と違って、
会社に働いているからといって必ずしもみんなが一丸となって
会社に忠誠的!ということはほとんどなく、
会社と個人はかなり切り離されていることが多いです。

通常の業務でも自分のチームや部門を超えた
このイベントを成功させるために、場所を越えて、
バーチャルに、会ったことのない人も含めて、
なんか一丸になって頑張っているという信頼感がぐーーーっと感じ取れて
なんか感動しました。

日本でも様子を電話でしか聞き取れなかったですが
いろんな人からのフィードバックを聞いて
イベントが成功したということで
私はマーケティングの方面で一人で頑張ってきたけれど
やっぱりいろんな人に助けられているな〜と実感した今日この頃。

たぶん11月のアジアツアーで自分がまた現地のイベントを体験するときは
また違う感覚が有ると思うと楽しみです!

(今日、希望のフライトスケジュールを書いて、
フライト手配を頼みましたがそれにしても18日で7都市って
1週間に3都市ずつまわるスケジュールとかがあってどうなることやら…)

JUGEMテーマ:ビジネス
 


ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In★起業・ビジネス・仕事★

喜びを分かち合える人



前回の告知のイベント、私の初めてのイベントでしたが
会社にとっても初めての形式でのイベントだったため、

開始時間が直前で変更になったり
(もうポスターもフライヤーも印刷しちゃってるよ!!)

パネルディスカッションの
プログラムがはっきりしなかったり

(まだスケジュール決まらないの!?)

いろいろな困難がありましたが、それでも

登録者数530名以上になり、
アジアツアーの一番初めの都市としては大成功だったらしいのを聞いて
ほっと一安心でした。。。あーーーよかった。

で、上司を含め、アジアチームは私以外はみんなオフィスにいなかったり、
休暇に入ったりと、この喜びを分かち合える人がおらず、
なんだかこの喜びを誰かと分かち合いたいーー!と思っても、
やっぱり分かち合える人がいないと、喜びもイマイチ…。


で、つくづく思うのは、


喜び分かち合える人がいるって大事だなー。


と思いましたね。


それはたぶん、


F1レーサーが優勝したときに、表彰台に立ってシャンパンを振舞ったり、
最愛の人と結婚する喜びの日の結婚式のときの披露宴だったり、

やっぱりたくさんの人と分かち合うのって喜びが倍増する。

もう今日は東京でのイベントが成功に終わったとわかったロンドンの昼頃から、
私の気持ちは、


『私の祝い酒を飲んで〜〜♪』


って感じで昼間からぐびーーーっと行きたい気分でした。(飲みませんでしたが…)

しかもSweetieもデンマークに出張で不在。ガクーッ。

なので、ロシア人の同僚、ゾヤがお祝いにということで
イタリアンのデザートを食べに連れてってくれました♪ ワーイ☆
(しかもおごってくれちゃった…ありがとう〜)

ほんと、うれしいことはみんなで分かち合う方が楽しいね。





ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ