In★ドイツ★

おいしいレポ@ドイツ

JUGEMテーマ:グルメ


わ〜、気づくともう11月も終わり。。。そして今月はまた全然ブログ
UPしてなかった〜〜〜。いっぱいネタあったのにな。。。。ごめんなさい。

さて、かなり時間差が生じていますが、気にせず!!
おいしかったのでドイツのおいしい写真を記念にUPしたいと思います。

まずはドイツと言えばビール!
イギリスだとパブで1パイント!というところですが
こっちのグラスは細長くて(それでもたしか同じ1パイントよね?)
持ちやすい割に、見た目も美しいというか。。。雰囲気ありますね。

まずは着いた当日の夜の1杯目。白ビールが好きなので、
本場の味が楽しめてうれしい限りです。
    ドイツビールその1

そして翌日ディナーにももちろん。
    ドイツビールその2

空港でも飛行機乗る直前に。普通のグラスにみえるかもしれないけれど、
どのグラスもテーブルに置いてグラスの高さが大体顔のあご〜鼻の位置に
来る位の高さ!結構でかいんですよ〜。ビール
     ドイツビールその3

そして列車に乗ってTublingenからStuttgart(シュトットガルト)へ。
(写真はTublingen行きになってるけど、到着後折り返し運行だったので。。。)
     シュトットガルトへは列車で。

やっぱヨーロッパの列車は結構クリーンで先進的な感じよね。。。
それに比べてイギリスのあの電車の古さ。。。。う〜む。。。

お昼過ぎについたので、そのままGottileb-Daimler駅に向かいました。
ダイムラーから想像がつくかも?しれませんが、そう、ここは
メルセデス・ベンツ博物館があるところ。
    駅名にもメルセデス・ベンツ博物館の表示が。
まぁ車にはあまり興味がありませんでしたが、どうやらStuttgartは車発明の
発祥の地らしく、ここからオートモービルが発明された!らしいです。スゴイ!

     ベンツミュージアムに行ったのです。

かなり先進的な博物館でおお〜!とうなりましたぞ。
そしてさすが車の博物館、あたり前だけど車がたくさん並んでいました。
   とにかく車がいっぱい。。。

そしてこの近未来なマシーン(x2台)は2人乗りのシュミレーションマシーン。
乗り込むとF1の世界を体感できる乗り物なのですが、これが別途一人4ユーロ。
それってベンツなのにせこくない!?!?!楽しかったけどさ…。
   シュミレーションマシーン

なんとこんなところに日本の移動歯科バンを発見。これもメルセデス・ベンツ。
    ベンツ博物館にも日本の車がありました。

博物館見学終わったらお土産に一人一台ベンツとかくれないかしらね。。。

Sweetieはかなり念入りに見て周るタイプなので博物館で数時間費やし、
中途半端な時間に市内に戻ることになり、激空腹のなか、駅前付近には
あまりレストランがないことに気づき。。。ああ〜〜〜腹減ったー!
とたどり着いたのはこちらのスクエア。
    広場らしきところ

ちゃんとStuttgartの中心部らしきところです。
    街の中心部

ちゃんとしたレストランよりも、ちょっとでいいからドイツ本場のおいしい
ソーセージを探し求めていたところ。。。なんと催事場なのか、季節がらなのか、
屋外遊園地が設定されていて、いろんな屋台が出てた〜〜〜〜!おでん
     これぞ洋風の屋台?

そうよ、これよこれ、じゅーじゅーおいしい音がするソーセージ!
   バーベキュ〜〜〜

そう、そしてこれが本命のドイツソーセージ使用巨大ホットドッグ〜〜〜!

注文するのも結構チャレンジで、いろんなソーセージがある種類で
まずはベーシックな種類のソーセージを。
      まずはスタンダードタイプ?のソーセージ。

ちょいともの足りず、ちかくの人が食べていたものを指して、
『これなんていうの!?』と英語+ボディランゲージでドイツ語訳をゲット。
(言い方忘れましたが、たしか赤いという意味のソーセージ。。。)
普通のホットドッグに見えますが、これほんとに巨大。普通のソーセージの
何倍でしょうかね???
      ドイツソーセージ使用の巨大ホットドッグ!

そして気づいたのはあれ?ビール大国のドイツなのに誰もジョッキ?生ビールを
持っていない、おかしいぞ〜〜!?かわりになにやらみんなかわいい
マグカップを持ってる…。まさかみんな健全にコーヒーとか
紅茶を飲んでるわけじゃないよね…!?(↓Sweetieの手の出演)
      ミュールワインをホットで。

んでもって早速試しに買って見てもらったところ、なんとこれは
ミュールワイン(ホット!)ホットコーヒーでした。
温かいワインなんて初めてでしたが、やっぱりね、ドイツ人がノンアルコールなんて
飲んでるわけないわよね〜。と納得。
これがまた暖まるアルコールなのですよ〜。ほんとに外で飲むにはぴったり!
甘いけれどおいしいワインでした☆

マグもちゃんとした陶器のマグで、デポジットを払わなくてはなりません。
割らずに!?ちゃんとマグを返却したらお金が返金されます。
あたたかいミュールワイン

う〜む、これで空腹はしのげた。。。けど、何ともランチ抜き
(朝食をお昼に食べた感じ)で、これじゃ物足りな〜い!ということで
次のストールへ。

見つけたのはう〜ん、とっても魅力的なチョコレートがけフルーツ串!
きゃーおいしそう!ホワイトとストロベリーとミルクチョコレートから選べて、
フルーツもほんとにウマイ!
     チョコレートがけフルーツ!

さすがこういうスイーツはヨーロッパ?ならでは、洋風お菓子はさすがに
おいしそうです。(さすがにいくらおいしいチョコレートがかかってても
りんご1個まるまるは食えん…)
      アップル!

屋台とかめぐっていると、さすがに他の人が食べているのが
非常においしそうに見えるものです。
非常に気になって、ぜひ試してみたい!でもドイツ語でなんていうんじゃ〜!?
というドキドキ感を胸に、ぶらさがっている看板から大体推測して注文して
みました、こちら洋風あんまん???
      これはあんまんのような…

これもけっこうでかいのですが、ソースをバニラ、カスタード、ストロベリー
から選べます。

私たちはバニラソース+トッピングにシナモンシュガーを選びました。
まわりはモチモチしたカステラのような…でもなかには
苺ジャム?らしきものが。。。これも半分きっちり食べました、うまかったー。

ということでおやつ代わりに…と立ち寄ったものの、結局たらふく食べて
ディナーはもう食べられなくなりましたが。。。大満足の散策でした。

順番は逆になりますが、こちらはその前日のディナー。
白いソーセージ。↓プレッツェルといただきました。
    前日のディナー。

そしてこれまた前日の散策ですが、外カフェ。
     カフェも町並みもかわいい。

街並みがほんとにかわいらしい。イギリスのあの伝統的なビクトリア調の
建物とはちがったかわいさがありますね〜。寒いけど外で飲むラテもまた格別。
      寒いけど外で飲むラテもおいしいね。

お土産は現地の人がよく飲むらしいグラッパ。アルコールが42%。。。
殺人的〜〜〜!?…燃えます。どんっ
     アルコール42%って!


ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In★ドイツ★

週末旅行@ドイツ

さて、久々の旅行レポートはドイツのTubingenというところ。

結局、Stuttgartから車で約20分ほどの学生の村といったところでしょうか。
(なぜか○PのHQはBoeblingenにあるのに、わざわざホテルはこの村で
とってるし。。。)

それにしてもさすがドイツの高速道路、アウトバーンてやつ?
とにかくタクシーの運転手も時速140キロでびゅんびゅん飛ばしてるから
怖いもんだね。。。

そして無事に着きました、Sweetieのいるところ、Tubingenへ。

      とても美しい紅葉が!

それにしても季節がら、紅葉が本当に美しかったですわ〜。
あちこちに立派な木があり、公園があり、かなり季節感を味わえてよかったです。

       学生の街だそうです。@Tubingen

町もこじんまりした感じでかわいいです。ドイツのパンも本当にうまい。。。
      
       町並み

ホテルからちょっとした広場(スクエア)に向かうと、新鮮なマーケットが
こじんまりながらありました。そして巨大なパンプキンを発見。↓

       広場のマーケットにて


それにしてもドイツ語って、まぁ少し頑張れば英語から想像して
わかる場合もありますが、やっぱりメニューを理解するのは一苦労でした…。
うちのSweetieはBlackBerry片手にオンライン辞書で調べていたよ。。

       家庭料理を楽しめた気がします

英語メニューもある、というのにつられて入ったこのレストラン。↑
すごい家庭的なドイツ料理が楽しめておいしかった!

       トマトスープ、本当においしかった

トマトスープはTomaten Zuppenというらしい。わかる気もする。

       カツレツでした

そしてポーク(豚肉)のなんとかかんとか、ってのに惹かれて注文したら、
これって日本でいうカツレツってやつ?が出てきて想像とは少し違うものでしたが
おいしかったので良しとしますか…。

■ドイツパンを買ってみる?→
JUGEMテーマ:グルメ


JUGEMテーマ:地域/ローカル




ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ