In★TESOLコース★

TTT

先日、ロンドンのとあるMBAの学生たちにCross-cultural Managementのクラスの1コマで
ゲスト講師として教えてきました。

ちょうどその前の週にコーポレートの人たちにも似たような
異文化コミュニケーションのトレーニングをしたばかりだったのですが、
やはり企業のトレーニングと学生は違うもんだわね〜。っつぅのを痛感しました。

何が違うかってやっぱりモチベーションが違うね。

コーポレートの人たちは高い料金を払っている分、しかも
自分の仕事にも影響のあることだから真面目に取り組んでるけど、
学生たちはまじめな子たちもいたけれど、やっぱり学校の授業の
一環だと興味なさそ〜〜〜な人もいるもんで。

さて。タイトルのTTTですが。
TESOLやEFL、英語教授法を学んだことのある人ならこの略語、
お分かりですよね、TTT…。

さて、TTTとは。。。






そう、Teacher Talking Time。


先生がわーわー話して、授業時間内に生徒が十分話せないと、
英語や語学を学ぶ人たちは特に練習の機会が減り、
授業の質が落ちること。

私もIHでみっちり厳しいTESOLコースをやっていた頃は、
このTTTでめちゃくちゃチェックされました。

どのトレーニングでもそうですが、私のスタイルは思いきり
インタラクティブ、アクティブに学ぶ方法を教わったので
普通にわたしが一方的に話すということは少ないんですよね。

一方的に話したらつまらんし。。。

でもこのMBAのコマでは教室も結構せまい上、出席していた学生の数も
多くてなかなかあちこち生徒たちを動かすことができず、
いつもよりTTTの量?質が増えてしまった感じで。。。

ま、これは本当に営業にも、対人コミュニケーションにも通じることがあり、
自分のことばかり話している人って興味が失せますよね。

その代りに先生・トレーナー側がたくさん質問してくると頭で考えるし、
活発なクラスになるし。

よく営業テクニックでも出てくるのは、

耳は二つで口は一つ。


たくさん話すよりも聞いた方が印象に残るってね。

ま、そんなことをふと考えた日でした。


ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In★TESOLコース★

TESOLコース@ロンドン Week4

先週、マスターオブNLPのコースを修了いたしました。
無事に資格を取ることができました、おめでとう、自分!拍手

9日間みっちりのトレーニングにあわせて
TESOLのコースも同時進行でかなりハードスケジュールでしたが
どうにか、終わることができてよかったです。
次のトレーナーズトレーニングも約10日後に控えてるし。。。

このTESOLのパートタイムコースは夕方6時半から9時半までなのですが、
よく考えたらほかの人はフルタイムの仕事後に
このコースをやっているわけだから、私以上に大変だよな〜。
学生気分がすっかりなじんでしまった自分が怖いです。。。

そのTESOLコースもいつのまにか4週目に突入。
最初の3週間はインプット、つまり受講のみで
あれこれ教授法のテクニックなどを学びました。

そして4週目からはティーチングプラクティス(Teaching Practice)といって
いきなり!本当のクラス、授業を行う練習。

CELTA(TESOL)コースの学生は5人で1チームになり、
それぞれ3時間の授業を担当別に分けて、担当のエクササイズ
別に教えるのです。

で、教える順番も決められており、あたしはいきなり
トップバッター!
本人の緊張をよそに、先生やほかのチームメイトたちは
すごくよかったよ〜!リラックスしていて、
いいクラスの雰囲気になってた!と褒めてくれたので
かなり上機嫌。

教えるって楽しいね〜〜〜!
(わかってくれたらもっとうれしい!)

しか〜し!その次の授業、本格的に始まった45分担当ものでは
授業計画は自分なりに満足していたのに、またしても
インストラクション、説明部分、構成の面で厳しいコメントが!!!
がーーーーーん。。。。

次回の授業では絶対にちゃんとやったるー!

◆動画で英語を身につけるツール


Rosetta Stone - Fastest way to learn a language.


ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
In★TESOLコース★

TESOLコース始めました

突然ですが、TESOLコースも始めました。

やっぱりイギリスに来たからには、
もっとたくさんチャレンジしないと!ということで
MBA以外にも何か資格を取ろうと、イギリスならではの
英語教師の資格を取ることに決定。

きっかけは…

〆の時代MBA持ってる人なんていっぱいいるし…
イギリスの生活費もバカ高いんだから、せっかくこっちに
いるうちに、もっとほかの資格も取っといた方がいいんじゃない?

英語教師の資格があれば、おばあちゃんになっても
とりあえず英語を教えて食っていけるだろぅ…。

将来設計としてNLPのトレーナーになりたいので、
ロンドンのこの学校の教授法(メソッド)がかなり有名らしい!と聞いたので
クラスルームマネジメントなど、少人数に対する教え方も
別の観点で見ることができるはず!

い海陵名な教授法のスキルがあれば、将来どこの国かで
住んだとしても日本語を教えたり、中国語を教えたり応用可能?


ってな魂胆で、MBAは最後の1学期を残してちょっと休憩、
ブレイクを申請、ほかのコースもやりたかったので
年内までにスケジュールを詰め込みました。

本当はこの英語教授法の最高峰、CELTAっつうのを狙っていましたが、これは本当に英語がネイティブレベル、
ネイティブですら入るのが大変らしいです。
(だからこれを保持していたらもっと英語力の証明になるんだけどね…)

間違いひとつでも許されないハイレベルなコースなのでそっちは無理でした…。
私が取っているのはそのひとつ下のTESOLコース。

ま、外国人が日本語教師の資格を取るようなもんで、やっぱり
ちゃんと勉強しないとだめね。

英語教授法で有名なピカデリー(グリーンパーク)にある
この学校のメソッドはかなり有名らしく、
それでもTESOLのコースでもCELTAの人たちに混ざって
まったく同じ内容の授業を受けるので、かなりハイレベル!!!
(基本的にCELTAを履修する学生と同じクラスに参加、
コース修了後の資格名が違うだけで内容はまったく同じ。)

みんなイギリス人、アメリカ人とネイティブスピーカーの中、
うちのクラスは10人中、外国人はあたし一人。。。
(アジア人もまたしても一人状態)

外国人が習う英語とネイティブの人が習う英語の
観点が違うので、かなり新鮮な発見があります。

引き続きコースの内容も報告して行きますね〜。

◆英語を話そう



TEFL courses online


ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ