+ The Best Job in the World...
Friday, 10, 2009 at 07:40

今週SweetieはPRINCE2というプロジェクト管理の資格を取るため、
1週間研修、勉強づけの毎日が続いています。

なんか会社の人はみんなやったらしいので、とりあえずこれからも
いろいろIT関連のプロジェクトをやっていくようなので
しっかり資格をとろうということです。

昨日は研修3日目で無事第一テストを合格、明日は最終日、
模試でとりあえず合格点をとっているようなので
おそらく大丈夫ですが最終日には3時間のテストが待っています。

ということで、昨日は夕食の後、研修のまんなかで少し息抜きできるようなので
録画しておいた番組、あの世界でもっともPRに成功したオーストラリア
クイーンズランドのケアテイカーのお仕事
『The Best Job in the World』のドキュメンタリーを見ました。





私も今はマーケティングの会社でいろいろ見ているうちにこの
いかにパブリシティをゲットするかが大事かを痛感しているところなので
このキャンペーン、本当に大成功だなぁーーーと痛感してみていました。

こうしてみるとなんだかオーストラリアにいたらイギリスが素敵に見えるし、
イギリスにいたらオーストラリアが素敵に見えるなぁーと思いましたね。

それにしても日本からも最終選考に残った人がいたんですね!でかした!

でもマーケティング方面からしたら 選考にもターゲットの国の
出身者を残すのもある程度戦略のうちではないかと。。。

アメリカ、オーストラリア、イギリス、はもちろん、
主要なアジアの国 日本、韓国、中国もカバーしているし、
最終的に選ばれたイギリス出身の ベンも本人が言うように
オールラウンダーで、きちんとやってくれそうなほかにも、
ひそかに英国をターゲットにしたいQLDはやっぱりイギリス人を
採用した方がメディアに取り上げられるCoverageも大きいんではないかなーと。
2番手のジョージもアイルランド出身でいいところまでいってましたね。

でもカナダ人の彼女と一緒に特別な6ヶ月を一緒にすごしたい!と
一生懸命頑張ったベン、イギリスに一時帰国したときにサプライズで
カナダ人の彼女がヒースロー空港で待ち伏せしていたのには
うれしい驚きで、見てるこっちまで微笑んでしまいましたね。

ほんと、島のケアテイカーのお仕事、すーーーーんごい広い家で
部屋から日没や日の出が見えたり、このアイランドでゆっくり過ごして
ブログしてTwitterして過ごす仕事なんてほんと、
いい仕事過ぎるよね。。。彼女も住めるのはいいなー。


彼のブログを見たい方はこちら↓

世界で最高の仕事ブログ!


JUGEMテーマ:エンターテイメント
メルマガ配信中
  このエントリーをはてなブックマークに追加 ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Bookmark and Share
+ Susan Boyle、ファンタスティック!
Tuesday, 21, 2009 at 00:01


 最近、はまっているTwitterですが、
本物らしき?ヒュー・ジャックマンをフォローし始めました。

彼のエントリーに

Where is Susan Boyle? I am ready for a duet....
とあったので、検索してみると、彼女でした。↓

Susan BoyleのYou Tubeを見る。


(どれを見てもEmbedタグが発行されていなかったのが残念。。。)

ほんとにこの、47歳、無職のスーザンが登場したときのオーディエンスの反応は、

『プッ、なにこのオバサン…』

って感じだったのに、歌が始まったとたんのみんなの驚きといったら…。










FaceBookでもTwitterでも話題になっており、
有名人もTwitterにUPしているし。。。
UKをはじめUSや世界各地でもすごい反響で、
彼女のビデオが100万回再生されたとのこと。

やはりメディアの力はすごいですね。それが今度はソーシャルネットワークで広がり…
一気に、こんなに短期間で有名になるのはやはり
有無を言わさないその実力!!

やはり結果を出してナンボ、そしてパワフルなメディアに
目が向けられれば、ものすごい速さで広がっていくわけですね。

もうこの反響はすごいらしく、アメリカのOprah SHOWの出演まで
決まっているそう!

彼女のファンサイトも見つけました。

ほんとに彼女の歌声、このストーリー、感動しますね。。。


 やっぱり上達させるには練習が必要ですね…
すぐに歌が上達するボーカルトレーニング DVD

すぐに歌が上達するボーカルトレーニング DV…

¥13,860(税込)

呑み会、忘年会、クリスマス前のかけこみ合コン…。カラオケの機会が増えてくる季節ですよね☆カラオケに行っても歌う…

メルマガ配信中
  このエントリーをはてなブックマークに追加 ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Bookmark and Share
+ 男の子はみんな大好き⇒TOP GEAR
Thursday, 12, 2009 at 06:20
これ、うちのSweetieも大好きなのですが、
今日はまたしてもお家で気分転換にテレビのチャンネルをまわしたら
TOP GEARの再放送が流れていました。

この番組、イギリスでは大人気の番組。なんかここに出ている人たちみんな
こんな好きなことやって仕事になってるんだからかなりイイよね〜。
と男子なら誰もが思うこと!?かもしれません…。

仕事と称し!?ものすごい高級車を徹底比較、海外にもいろいろ進出し
品質・車のパワー、スピードその他もろもろいろんな観点から徹底追究したり、
新車を紹介したりする番組です。

うちのSweetieも毎週録画(見るのが追いついていませんが…)、
私は車に興味がないのでフーン…という感じでやる気なく見ているのですが、
それにしてもこの番組、さすが人気番組あって、

エンターテイメント度がハンパじゃない!!


来るゲストもいつも豪華なメンバーばかり!!
この回はボリス・ジョンソン(ロンドン市長)、この前見た時は
F1レーサー(最年少で話題の人、名前忘れましたが…)、
とにかくいつも度肝を抜く企画でみんなを圧倒させてくれます。

今回は↓フォード・フィエスタの試乗?で、ショッピングモールを
追いかけられながら走るという…日本でこういう企画って通るんでしょうか???
なんかカフェの椅子とかぶつけたり、マネキンも倒したりしてましたけど。。。

さすがイギリスだな。。↓室内だけどスピード違反してるって…。


メルマガ配信中
  このエントリーをはてなブックマークに追加 ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Bookmark and Share
+ David Mitchellを見たの!!
Friday, 13, 2009 at 08:05

前回のエントリーの怒涛の60秒と同じ日に、なんと私、
コメディアンのDavid Mitchellを見たの!!!


んもう、大興奮!!!


TVに出ている人といったら、SOHOのモロッコ料理屋さんで
アプレンティスに出ていた彼女を見たきり、
でもまたしてもものすごい興奮の渦が
 
どこで見たかというと、ピカデリーサーカスのサンドイッチ屋さん、EAT.で。

コーヒーを買おうと店に入って、ふと顔をあげたらなんと
David Mitchellがそこに〜〜〜!!

えーー、なんでこんな普通のところに!?

もう早速いつものど根性?が出てしまって、
カウンター越しに飲み物を待っているらしき彼の腕をつんつん、

『あの、あの、あなたは、あの
PEEP SHOWにでている。。。。』


そう、思い切って話しかけちゃったの。。。

マーク!!マークよねっ、
ああ、ごめんなさい、
あなたの本名が突然出ないんだけど、
私、あなたの大ファンなの!!!』


と、いきなり役名のまま話しかけ、←失礼(ほんとに本名出てこなかったんだもん)。。。
私の熱意を伝えた次第であります。

いやーすんません、あまりにPeep Showの中のマークの印象が
強すぎて〜。。。
(彼が出演しているマジシャンという映画も見ましたが)

しかもあー、こういう時に限ってデジカメ忘れ!!!

あーーーん、一緒に写真を撮りたかったようぅぅ。

ということで、そこでもめげずに自己PR?をする私。。。

『私ほんとにあなたの大ファンで、あの、Facebookの日本語版みたいな、
SNSサイトでMixiというのがあるんだけど、あなたのPEEP SHOWのコミュにも
入ってるのよ〜〜〜〜!!』

と、いきなりMixiまで紹介する私。

突然の私の自己PRにも快く耳を傾けてくれました。

やさし〜、マーク ←Davidだってば。。。

そして強引にも?写真が撮れなかったのですがサインも頂きました♪
(すかさず私の名刺も渡してしっかり営業しちゃいました

PEEP SHOWをご存じない方はこちらでチェック↓
私はハマってからDVDを購入して前シーズン見ちゃいました…。

EmbedがAvailableではなかったので、リンクですがこちらから↓

Peep Show | Jesus-Fest | Channel 4

Peep Show | At Least It's Not Cancer | Channel 4

ちなみに彼はMacとPCのコマーシャルにも出ています。




ミクシィの『Peep Show』コミュニティに入りたい人は
こちらから↓

Peep Show

ということで本日の教訓:

いつだれを見かけるかわからないのでデジカメは常備すること!!!


あ〜、次に会いたい有名人はやっぱりアラン・シュガーか、
ゴードン・ラムジーだなぁぁ。


JUGEMテーマ:エンターテイメント


David Mitchell,Robert Webb,Andrew O'Connor,Andrew O'Connor,Jesse Armstrong,John Finnemore,Sam Bain

メルマガ配信中
  このエントリーをはてなブックマークに追加 ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Bookmark and Share
+ 見逃した番組を見逃さない:BBC iPlayer
Monday, 07, 2008 at 00:01
私の管理しているコミュで、イギリスのTV番組『The Apprentice@UK版』というのがあるのですが、
きっかけはこちらのトピで教えてもらった、BBCのiPlayer

BBCのiPlayerロゴ

キャッチフレーズは:
見逃した番組を見逃さない!

です。

どうやらイギリス国内限定のサービスのようで、
国外からのアクセスはIPでブロックされてみることができないかもしれませんが、
少なくともイギリス国内にいる方はテレビを見逃した方、
インターネットで最新7日間のテレビ番組を見ることができます。

これって素晴らしいねぇ。。。

TVがない人もパソコンのインターネットストリーミングで見れちゃうんだもん。

一応部屋にテレビはあるのですが、デスクで仕事をする時に、
音楽を聴かない代わりにニュースを聞いたり、
時間がなくてテレビの前に陣取って番組を見れない時とか大変便利です。

ダウンロードをすれば30日間アクセスできるので、
出張先などで暇?な時、パソコンで、オフラインでテレビ番組を見れます。

日本はもうこういうサービスとかいっぱい発達しているのかもしれませんが、
この辺のところ、意外にイギリスでも発達していて便利な気がします。

日本やタイでは全然テレビを見ない私ですが、イギリスのテレビ番組の
内容、面白いもの(特にドキュメンタリーなど)は本当に面白いです。

イギリスに来て、タイにいた時に比べて大分テレビっ子になりましたね。
…ま、タイにいる時はタイ語チャンネルを見る気はあまり起きませんでしたが…。
メルマガ配信中
  このエントリーをはてなブックマークに追加 ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Bookmark and Share
+ Alexaに会った!!!
Thursday, 20, 2006 at 18:05
先日のThe Apprenticeのエントリー
覚えていらっしゃいますでしょうか、皆様。

相変わらず水曜日はTVの前に釘付けの私ですが、
一昨日、Aちゃんにモロッコ料理屋さんに
連れて行ってもらったときのこと。

なんと、アプレンティスの番組に出ていた

Alexaに会っちゃったのです〜〜〜!

すごい、すごいことよこれ〜。
    
              Alexa

って、普通に彼女は仕事帰りに一杯、
見たいな感じでしたが、席に案内される途中でハッ、
と気づいた私、

ロタ『あ、あ、あの、Apprenticeに出ている
人ですよね!?…(急に名前ど忘れ)』

Alexa『ええ、あ、Alexa』


と名前を言ってくれて。

そうだ〜、ロンドンファッションウィーク
テーマレストランでピザを担当した回にPMになったアレクサでした。

彼女のプロフィールのとおり、
ケンブリッジ大学出身のめちゃ才女。
(ちなみに彼女のいとこはLittle Britainという番組に出ている
Matt Lucasらしい)
アプレンティスに出ているときはなんか
まだおどおどしていたところもありましたが、
実際に見てみると結構フレンドリーでいい感じでした。

最初はどきどきしながら席に着いたものの、
アプレンティスファンの私としてはぜひ
写真とりた〜い!と、
勇気を振り絞って写真を撮らせてもらいました。

アプレンティスのコミュもやってるの!と
鼻息荒く興奮しながら言うと、

『ほんと?何かもしイベントでもやるのなら、
参加してもOKよ!あ、良かったらこれ私の名刺あげるわ』
と連絡先までくれたのでした!

ロタ 『ほんとにこんなところであなたに会えるなんてびっくり!
ごめんなさいね、私はTVで一方的にあなたのことを知ってる
つもりなんだけど…』
Alexa 『いいのよ〜、あの番組に出ると、UK中に
知られてるからね…』
ロタ 『で、Apprenticeのみんなとはまだ連絡とっているの!?』
Alexa 『そうね、何人かとは連絡とっているわよ』
ロタ 『あの番組は実際いつ撮影されてたの?』
Alexa 『去年の9月かな〜』
ロタ 『え〜、じゃ、じゃ、最後は誰が勝つか知っている!?』
Alexa 『うん』
ロタ 『あ〜〜〜すごい気になる、一体誰誰!?(でもほんとは知りたくない)』
Alexa 『これはね〜、契約にもサインしているからほんとに
極秘なのよ〜』


と、見知らぬ私のミニインタビュー?にも快く答えてくれました。

もしかしてあの番組後の『You are fired!』の視聴者参加
の席をアレンジしてくれるかも!?というところまで。。。
う〜ん、感激!

名刺を見ると、Capgeminiのシニアコンサルタント。
う〜ん、やるのぅ、アレクサ…。

メルマガ配信中
  このエントリーをはてなブックマークに追加 ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Bookmark and Share
+ アラン・シュガー 『The Apprentice(アプレンティス)』
Wednesday, 12, 2006 at 20:33
さーて、今日は待ちに待った水曜日!
水曜日は何があるかといいますと、
    
アラン・シュガーの『The Apprentice(アプレンティス)
という番組があるんです♪
んもー、私も1週目からはまり、毎週水曜日夜9時は
これを見るために予定を入れていません!

非常に的を得た内容を『ラララ♪英国』のsumoさん
ブログにUPされていますので、ぜひご一読くださいまし。

The Apprentice(アプレンティス)はアメリカ発祥で、
『You are Fired!(お前はクビだ!)』のキメゼリフ
でおなじみ、ドナルド・トランプが候補生の中から毎週
脱落者選ぶもの。
現在UKでも大人気の番組です。

ちなみにApprenticeとは、見習い・実習生などの 意味です。

イギリス版では実業界の巨頭、
アラン・シュガー卿の下での
12週間の面接を勝ち抜くリアリティ番組です。

      アプレンティス

とにかく最初見たときは、ぐにゃーっと
苦虫噛み潰した?顔がつぶれているようなおっちゃんが、
今はもうカリスマ?ありまくりでかっこよく見えちゃうんだから
恐ろしいもんです。

候補生たちは1等地の一軒家で12週間=3ヶ月生活を
共にしなければなりません。

    アプレンティス2

段々後半になってくると、友情なども芽生えてきちゃったり
するのですが、そこはやはり1人しか勝ち残れないこのポジション、
毎週3人が呼ばれる最後のBoardRoomでの悪あがきの時には、
誰が誰をはじくか、勝ち抜くためには容赦なく豹変する
人もいたりして、いろいろな人間性を垣間見れて面白いです。

ちなみにこのポジションを勝ち抜くと、いきなり年収2000万の
ポジションにつけるというもの。

なかなかアクの強いキャラクターや、どうしようもない
候補生もいますが、誰が勝ち抜くか、毎週
テレビの前にかじりついています。

        ご褒美ディナー

毎回のタスクを終えたチームは高級レストランディナー
やクルーズ、ホテルでスパなどおいしいご褒美がたくさん。。。

ちなみにこのSir Alan Sugar(アラン・シュガー卿)は
2005年度の長者番付?イギリスでは55位(前年度は45位)、
それでも総資産は797ミリオンポンド。
   
        

アプレンティスのウェブサイトでは今までの
エピソードを全部見れます

追伸:ガーン!アクセスしたときにイギリス国外からのIPだとわかると
見れないかもしれないそうです。。。

The Apprentice好きが高じてコミュ作ってしまいましたので
ご興味のある方はこっそり見てね。

ちなみに私のお気に入り候補生はPaul!
全然20代後半には見えないんですけど…。
メルマガ配信中
  このエントリーをはてなブックマークに追加 ポチッと応援お願いします☆↓
| ジモモ ロンドン にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Bookmark and Share
UK
管理者用

rie eichmann

みなさん、私のブログにようこそ。
アイクマン理恵と申します。
早いもので在英9年目に突入。
私のイギリスでの日常生活をメインにこのブログを通して グローバルに活躍したいあなたを応援します。
■語学■日本語・英語・中国語・台湾語・タイ語
■留学・仕事経験■アメリカ・台湾・タイ・イギリス
■取得■ TESOL、MBA、NLPトレーナー
■住んだことのある場所■日本・東京→台湾・台北→アメリカ・ワシントン州→タイ・バンコク→イギリス・ロンドン【現在】









+ 世界からようこそ
+ recommend
+ jugem ad